鏡リュウジの西洋占星術

2021年12月の運勢-鏡リュウジの西洋占星術《HOROSCOPE》

星のお告げ

お世話になった人へ 感謝の贈り物を

4日の皆既日食は日本から観測することはできませんが、2021年最後の転換期になるかもしれません。12月後半には、多くの星が山羊座に滞在。目上の人との関係が、躍進のカギを握ります。今年1年お世話になったのなら、お歳暮などを送って感謝の気持ちを表してみては。

「今月のキラキラ星座」

双子座・蟹座・射手座
telling-img

蠍座ってこういう人

的をめがけて放たれた矢のように、夢に向かって突き進んでいくパワフルさをもっている射手座。それがどんなに難しい目標でも、「自分ならできる!」とポジティブ思考で乗り越えていくでしょう。退屈を嫌い、いつも刺激を求めて飛び回るとてもアクティブな人です。
PROFILE かがみ・りゅうじ
1968年、京都生まれ。占星術研究家、翻訳家。国際基督教大学修士課程修了。10代のころより占星術、秘教などに関心を抱き、さまざまなメディアで活躍。日本における「占い」のイメージを一新し、30年以上にわたって圧倒的支持を受ける。英国占星術協会会員。「占いはなぜ当たるのですか 増補改訂版」(説話社)など著書多数。
text:中垣香織(説話社) イラスト:長谷川 ひとみ
 
11 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ