占い
水晶玉子の“当たる!”占いコレクション
30.Jun.2019

【水晶玉子 キレイになる“ベッド風水”】眠りながら運気をあげる方法って?

風水では、睡眠時間は “気”のチャージ時間

東洋の先人が生み出した環境学が「風水」。実はこの「風水」では、睡眠はよい“気”を吸収するための時間と考えられていて、家の中のどこで眠るとよいのかも教えてくれます。 

今住んでいる家や部屋のどこに良い気があるのかは、「宅向」という、その部屋の入口の方位で決まります。ベッドの置き方ルールを参考に、よい気のエリアに寝具を置くことを意識してみて。

また、あなたの生まれ年によって合う部屋のタイプ(AorB)もありますが、今の家や部屋が自分に合わない宅向タイプでも、よいエリア、もしくはよい向きで寝ていれば、よい睡眠のチャージは可能です。

寝ている間(特に22時~翌2時)に、肌を再生する成長ホルモンが分泌されるのは有名な話ですが、さらに風水の力も借りてビューティ力をUP。ベッド風水を活用して、いい恋や婚活の原動力につなげちゃいましょう☆

ベッドの置き方ルール

1 ベッドのヘッド部分はできるだけ壁につける
2 頭上の壁には絵を飾ったり、棚を置いたりしない
3 足先に、ドアや鏡、ガス台、トイレがこないように置く
4 部屋の入口からベッドが丸見えにならないように、カーテンや
  パーテーションなどで視線をさえぎる
5 ベッドと同じ部屋に、神棚や仏壇をおかない

*この風水では北枕は縁起の悪いものとはしません

STEP1 住んでいる家や部屋の「宅向」を調べる

「宅向」は玄関から入る方向のこと。自宅のドアを開けて正面にくる方角が「宅向」になります。これは集合住宅でも一戸建てても、考え方は一緒。ただし集合住宅の場合は、建物のエントランスではなく、自分の部屋のドアを玄関として。一戸建てに住んでいる人の場合は、ベッドルームがどこであれ、その家の玄関で判断しましょう。玄関が飛び出たような形の家でも、入った時の向きを見ます。
pattern_1
図1
pattern_1
図2

STEP2 家や部屋を大きく9つのエリアにわける

「宅向」が分かったら、次は家(部屋)全体を縦に3等分、横に3等分して、大きく9つのエリアに分けてみます。でっぱりや欠けがある部屋は、図2を参考にしながら、正方形に補い、修正して、縦横3等分にします。こうして完成した宅向タイプを、図と照らし合わせ、良い気があるエリアをチェック! そこにベッドを置いて寝れば、睡眠中に良い気がチャージできちゃいます。また、その宅向に良い気のエリアが欠けていた場合は、風水的には、運気が上がりやすい家や部屋ではないとされます。もし間取の都合などで良いエリアで寝るのが難しい場合は、ベッドの置き方ルールを守って、少しでも環境をポジティブに整えてみましょう!
pattern_1
長方形などの家の場合
pattern_1
張りや欠けのある家の場合
STEP3 運気を上げる家のタイプを見つける
STEP3 運気を上げる家のタイプを見つける
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ