編集部|占い
20.Nov.2020

人気星読み師yujiさんが教える、2020年12月からの「風の時代」を生き抜く心構え5か条

2.嫌われることを恐れず「自分色」を発信する

風の時代のキーワードである「情報」ですが、今後は一次情報の発信を心がけることが、今まで以上に大切になって来ます。どういうことかと言うと、人が発信した情報の受け売りやリツィートやシェアではなく、自分が何者でどういう主義主張を持つ人間かということを打ち出して行くのがポイント。

積極的に自分色や自分らしさを出して行くことで、仲間や味方が増えて行く。例えば今日僕が着ている『New Me』と書かれた、このパーカ。これは僕がいつもブログやTwitterで『New Me』という言葉をよく使っていたら、それを見た僕のフォロワーさんが作ってくれたものなんです。

その方はアパレルの方で、まずNew Meカットソーを作ったらそれが人気が出ていろんなオーダーを受けるようになって、今ではネットショップを作って販売までするようになっている。コロナ禍で人と会えない時期にネットでバズって、ここ数ヵ月の間で僕のフォロワーさんたちはみんなそのNew Meアイテムを買って着ているという、面白い流れになってるんです(笑)。ちょっと、わらしべ長者みたいでしょう?
そういう、個人の「好き好きバイブス」が繋がっていって共栄圏となって、なんなら経済まで回しちゃう。それが風の時代。「私はこういう人間ですよ」という一次情報を出すことで、アンチも生まれるかもしれないけど、そもそも100人いて100人に好かれるなんてことは難しい。その中のひとりでもふたりでも、同じ「好き」の共通項を持った者同士が繋がれれば、それでいいんです。

僕の新著『「風の時代」に自分を最適化する方法』で書いたように、「Less is More」も風の時代のキーワードなんですが、今までならTシャツひとつ作るにも最初は5千枚のロットで中国に発注しないといけなかったところが、今やオリジナルのプリント作って30枚発注すればOK。そうすればロスも出なくてサステナブルだし、その収益だけで食べて行けます。

そういう意味で大企業よりも小回りが利くような会社の方が有利になり、これからはどんどん企業の最小化が進むと思います。
次のページ>>3.一人称は「I」から「We」へ  
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ