編集部|ライフスタイル
25.Nov.2019

【2020年の手帳】はもう決めた?今さら聞けない手帳の種類!雑貨好きOLがタイプ別のおすすめをご紹介♡

こんにちは!withgirlsエディターのりりあです。

気づけばもう今年も残すところあと2ヶ月を切りました。街ではクリスマスムードも高まってきましたが、雑貨屋さんでは2020年度の手帳も見かけるようになってきました。

働き世代・子育て世代の読者の皆さんは、アプリのスケジュールだけでなく、まだ紙の手帳を使っているという方も多いのでは?

でも、いざ買いに行くと種類が多すぎて悩んでしまうこともあると思います。

今回は、雑貨&ステーショナリー好きの私が、"知っているようで意外と知らない"手帳のタイプについてご紹介します。
ぜひ来年度の1冊を見つけるための参考にしてみてください!

シンプルかつわかりやすい手帳【DELFONICS】

pattern_1
DELFONICS キトリシリーズ
個人的に毎年使っている手帳ブランドがDELFONICS(デルフォニックス)。シンプルかつわかりやすいレイアウトで、オンオフ問わずどんなときも活躍してくれるアイテムが揃っています。

今回は、このDELFONICSの手帳を参考に【タイプ別】に紹介させていただきます。

とにかく使いやすい!ウィークリータイプ

週間レフトタイプ

pattern_1
まずは大人気のウィークリー手帳から【週間レフトタイプ】。(メーカーによってはホリゾンタルレフトと呼ばれることもあります)
1週間が左のページにまとまっており、右側半分がメモになっています。見開きで1週間の予定を見られるため、週間のTODO事項をメモするのに最適!
他にも、例えば"週に1回ミーティングがある"というOLさんには、右半分をミーティングメモにすると1週間後にも振り返りやすく、おすすめです。

週間ブロックタイプ

pattern_1
【週間ブロックタイプ】は、1ページを4分割にしたレイアウト。
先ほどの週間レフトと比べると1日毎のスペースがかなり広くなっています!仕事だけでなくプライベートの予定を書くのにも向いているタイプ。簡単な日記のように記入することもできますし、大事な買い物のレシートを数枚貼って管理するのも良し。ダイエット記録にもおすすめの手帳です。

週間バーチカルタイプ

pattern_1
次にご紹介するのは【週間バーチカルタイプ】。時間が細かく書かれているので、1日のざっくりとした予定ではなく、時間刻みで予定を立てたい方にぴったり。営業女子や就活生、会議や打ち合わせが多い方は特に重宝できると思います。
副業女子もこれを使うと"予定が被った!"というようなうっかりミスも防げるのでおすすめです。メーカーによって、メモリが1時間になっていたり30分になっていたりするので、使いやすいタイプをチョイスしてみてください。
次のページ>>軽量型やマルチタスクに合うタイプって?  
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ