編集部|ライフスタイル
22.Mar.2015

気を使いすぎはNG! 彼のご両親と良好関係を築ける食事マナーとは!

彼の実家でご両親と食事をする際、「失礼のないように」と思うあまり、気を使いすぎてしまうことってよくありますよね。でも、あまり気を使いすぎると、かえってよい関係を築けないことも。そこで、食事の際に気を使いがちな場面での解決法を確認しよう!

with4月号では、身につけておくべき「大人女子の”気品のマナー”」を特集。


彼の家編から、
食事の席のマナーを大公開!!


Q1.嫌いなものでも無理して食べるべき?
「嫌いなものを一度無理して食べると、また出されたときに断りにくくなってしまいます。今後も続くお付き合いのことを考えて『せっかくなのですが……』と正直に苦手なことを伝えましょう」(マナーデザイナー岩下宣子さん)

Q2.お手伝いはしたほうがいい?
「彼のお母さんに『何かお手伝いすることはありますか?』と聞くと好印象です。断られても一度で引き下がるとやる気のない印象をもたれるので、2~3度は声をかけて。それ以上はしつこくなるのでNG」(岩下宣子さん)

with4月号では、さらに詳しい食事の席のマナーについて、O&A方式で掲載。いざという時に役に立つマナーが盛りだくさんのwith4月号をチェックしてね!

♥「お仕事編」「喪の席編」「カレの家編」のマナーもcheckしてね!

アナタも間違っているかも!
敬語の間違いあるあるで
正しい使い方を再確認すべし!


意外と知らない!
結婚式の招待状を
返信するときのマナーとは?


もしもの時に役立つ!
喪服にまつわるマナーも
心得ておこう!


実は知らない人が多数!
いざという時役立つ
お通夜の流れを公開!


初めて彼の実家に!
好印象な”手みやげマナー”とは?




\with4月号をAmazonで購入/
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ