編集部|ライフスタイル
21.Jul.2015

"ブタ財布"→"貯まる財布"に変身させる5つのポイント

使っている財布を見れば、お金とのつきあい方も見えてくる! というわけで、with8月号では、「貯めている人の『財布の中身』見せてください!」を大特集。仕事で輝いている女性や、貯蓄上手の読者を直撃しています! 

その中で、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが教える、"貯まる財布"に変身させる5つのポイントを紹介します。

まずは、貯めている人とは真逆な、とにかく物が詰まりまくりで悲惨な状態の"ブタ財布"を大公開!!

こんな"ブタ財布"になっている人は、今から紹介するポイントを見習おう♪

★貯まるルール1.お金と関係ない物でパンパンにしない
なんとなく物を入れっぱなしにしておくと、財布は汚くふくらんでいくばかり。「ショップカードや名刺類、かさばるお守りなど、お金とは関係のないものを大量に入れている人を見かけます。『財布にこんなもの入れてたっけ?』などという事態は論外。こまめに見直して、大事なものは財布でなく、しかるべき場所に移すのは基本中の基本です」

★貯まるルール2.クレジットカードの枚数を絞る
ポイントが貯まったり、割引があったりというメリットがあるクレジットカード。「半面、支出の管理がしにくくなるという大きなデメリットがあります。先取り貯蓄をしても、カードを使い過ぎるとたちまち赤字生活に。特典などにつられてカードを増やしていくと、どんどん把握が難しくなり、ポイントも分散して貯まりにくくなります」

★貯まるルール3.レシートは貯めない
放っておくと毎日貯まり続けるレシートの類たぐい。「『もしもの返品のときのため』など、とりあえず入れておくという人も多いのですが、すべてを取っておく必要はないはず。その場で処分していいものはすぐに捨てて。レシートを使って家計簿をつけているという人も、こまめに作業をして、財布の中から不要なレシートを追い出しましょう」

★貯まるルール4.ポイントカードを厳選する
お店の人に言われると、つい作ってしまうポイントカード。「お得だからと、言われるままに作って、財布がカードだらけになるのは、結果的に損。要らないものはその場で断りましょう。よく行くお店のものだけを数枚厳選して財布の中に。その他は別のカード入れなどに待機させて。カード入れの中も、『3ヵ月行ってないお店のものは捨てる』など、見直すクセをつけましょう」

★貯まるルール5.二つ折りより長財布
長財布のほうがお金が貯まりやすい、と言われているけど……? 「確かに貯蓄が上手な人は長財布の方が多いようです。ただ大事なのは形ではなく、財布を開いたときに、どこに何が入っているかがすぐわかること。長財布のほうがひと目で全体を把握しやすいのでしょう。現金やカードの出し入れのしやすいものを選んで」

さらにwith8月号では、貯金上手な人のお気に入りの財布の選び方から、中身の整理術、どう使いこなしているかまでを徹底的に調べています。これを機に自分の財布を見つめ直しちゃおう♪


\with8月号をAmazonで購入/
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ