編集部|ライフスタイル
25.Aug.2015

信頼を失わない、「謝り方」「断り方」とは?

「断ったり謝ったりするのが上手なあのコに比べ、なんで私は苦手なんだろう……」。「頑張って話してるつもりなのに、自分の考えや想いがうまく伝わらないのはなぜ?」と思うことありませんか?
with9月号では、「『断る』も『謝る』も、伝え方が9割」を大特集!


その中でお話をお伺いしている、営業コンサルタント・和田裕美さんによると、伝えベタな人はそもそも相手の気持ちを考えるのが苦手ケースがほとんどで、まずは自分が伝えベタだと思う理由を最低10個箇条書きにし、客観的に分析できるようになると、相手の気持ちを考え、話ができるようになるそう。まずはメールやSNSで練習すれば、誰でも"伝え上手"になれるとのこと!

まずは、下記Checkリストで、自分の「伝えベタ」度を知ろう!
□人前で話すのが苦手
□ときどき相手の話を聞いていない
□表情が硬いと言われる
□会話中、自分の話をしがち
□ダラダラしゃべりが好き
□客観的というより直感派
□ときどき相手を怒らせる
4つ以上当てはまると「伝え下手」確定。3つ以下は「伝えベタ」予備軍。さらなる「伝え方上手」を目指して!

伝え方の中でも大事なのは、「謝り方」。相手に迷惑をかけてしまったら謝るのは当然。とはいえ、謝り方ひとつで相手との関係が好転したり、いっそう溝が深まるのも事実……。
そこで、信頼を取り戻す「謝り方」をシチュエーション別で紹介します!

シチュエーション1.電車の遅延により、社内の大切な会議に30分遅刻。すでに会議は始まっており、席には重役がずらり。さて、どう謝る?
NG:電車が遅延したせいで遅れました。
OK:遅れて申し訳ございません!
「会議が始まっているので長く反省の弁を述べる必要はまったくナシ。遅れた理由を誰も求めていません。会議が終わり次第、キーマンに直接謝りにいくのがいいでしょう」(コピーライター・佐々木圭一さん)

シチュエーション2.学生時代の友人と久しぶりの女子会♡ でも、どうしても仕事の都合でドタキャンしなければいけない状況になってしまった。さて、どう謝る?
NG:ごめん。仕事が入ってしまって今日行けなさそう。
OK:仕事の都合でどうしても今日、行けなくなって。この穴埋めとして○○の好きな店、何としても予約するから。来週の金曜と土曜、どっちがいい? ごちそうさせてね。
「この状況、私もしょっちゅうあります(笑)。誠実に謝った後、相手にメリットを必ず感じてもらうようにしましょう。この場合だと『好きな店の予約』と『ごちそう』です」(営業コンサルタント・和田裕美さん)

その他のシチュエーション別の謝り方は、with9月号をチェックしてね。また、「お願い上手」「断り方」についても掲載。さらに人気ナンバーワンアナウンサーの水ト麻美さんによる伝え方のコツ、その名も「三枚目」力もインタビューしています!
仕事や私生活、恋愛まで、伝え方のコツを学んで、好印象を狙っちゃおう♪


\with9月号をAmazonで購入/
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ