ライフスタイル
27歳のSDGs
23.Jun.2020

メルカリに聞く「物欲で社会貢献」できるって本当ですか?【働くわたし×SDGs】

多様性を歓迎する新しいコミュニティ

「さらに、メルカリは『持っていないけれど要る人』と『持っているけれど要らない人』の出会いで初めてものの価値が成立するため、できるだけ状況や価値観が多様な人が集まるほどお互いにメリットがある、という構造になっています。その結果、違いを認め合える、誰でもウェルカムなコミュニティが成立しているのです。

例えば、メルカリで『玉ねぎの皮』が出品されることがあります。誰が買うのだろう?と思うかもしれませんが、実は染色をする人にとって玉ねぎの皮は有用な染料なのです!」(メルカリ)

こうして、買えば買うほど、誰かの「要らない」を救えるので、お買い物への罪悪感から解放されて、ちょっといいことをした気分になれる、というおまけもついてくるのです。

他にもこんな『社会貢献』の方法が!

《airCloset》自分に似合うコーデを毎回楽しめる、月額制ファッションレンタル

pattern_1
旬のスタイルを楽しみたい。イメチェンしてみたい。でもトレンドが終わったら? 似合わなかったら? そんな「タンスの肥やし」を生み出さないのが、月額制ファッションレンタルサービス。体型やサイズ、ファッションの悩み・好みに基づき、プロのスタイリストがコーデしてくれるので、届くのは似合うものばかり。

月9800 円で何度でも交換できるので、毎回いろんな服が楽しめて、みんなでシェアするからお洋服一つひとつの命も無駄なく活用できるのです。もちろんお財布にも優しい♡

《street academy》知識や経験も貴重な資源!みんなでシェアして高め合おう

pattern_1
お稽古を始めたいけれど、教えてくれる人はいないかな? と思う人と、自分の趣味や仕事での経験を誰かに伝えたいな、という人、「教えたい」と「学びたい」を結びつける、学びのシェアマーケットがこの「ストアカ」。

登録生徒数42万人以上、登録先生数2万7000人以上、掲載講座数4万2000講座以上というボリュームで、知の循環が生まれています。コロナ対策の今はオンラインレッスンも多数。SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」を貢献できそう!

今回のSDGsな数字

pattern_1
経済産業省の平成30年資料によると、この25年で国内の衣料品供給量は約1.5倍に。その半数近くは売れ残り、また買われなかった服、着なくなった服の8割はリサイクルやリユースされることなく、埋め立てられるか燃やされている、というデータも。その中にはきっと、あなたのあの日の衝動買いも含まれているはず……!
撮影/花盛友里 取材・文/吉野ユリ子 監修/蟹江憲史(慶應義塾大学) ※再構成 with online編集部 ※情報はwith2020年7月号発売時点のものです。
 
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ