ライフスタイル
27歳のSDGs

おいしいものを食べるだけで「社会貢献」に?【働くわたし×SDGs】

\ここにも注目!/

社会貢献型ショッピングサイトで「もったいない」を救おう!

KURADASHI

pattern_1
SDGsが発表されるよりひと足早く、2015年2月に発足した社会貢献型フードシェアリングプラットホーム。入会すると、フードロス削減に賛同したメーカーが協賛価格で提供する食品を、最大97%オフで購入できるというもの。

「日本の食品業界の慣習である“3分の1ルール”(製造日から賞味期限までを3等分して、納品期限、販売期限を設けるもの)がフードロスの原因のひとつ。この結果通常なら廃棄となっていた食品をKURADASHIルートで購入することで、フードロスを救うことができます」。

また売り上げの一部を社会貢献団体に寄付しているので、お得にショッピングしながら気軽に社会貢献できます。https://www.kuradashi-mottainai.com

今回のSDGsな数字

pattern_1
(KURADASHIより。)これは食品廃棄物のうち可食部分と考えられるところ。毎日お茶碗1杯のご飯を捨てている計算になります。一方、飢餓に苦しむ人が地球上には6億9000万人います。

必要な食べ物を必要なだけ買い食べること、食べ物を正しく循環させること、さらに食べ物を通して地球のためにできること……一日3度のチャンスを生かして、みんなでこの数字を変えていきたい! SDGsでは2030年までに世界の食料廃棄を50%減らすという目標を掲げています。
撮影/野田若葉(TRON) ヘア&メイク/George スタイリスト/石川美久 モデル/堀田茜 監修/蟹江憲史(慶應義塾大学) 取材・文/吉野ユリ子 ※再構成 with online編集部 ※商品情報はwith2021年1月号発売時点のものです。
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ