編集部|ライフスタイル
19.May.2016

衣替え前に知りたい! クリーニング代を浮かせるセルフ洗濯術

GWが終わると暖かい日が続いて、そろそろ衣替えするという人も多いのでは。そこで注意したいのがお洗濯事情。“洗濯王子”こと中村祐一さんに、お手入れのポイントについて話を聞きました♪

洗濯する前に、まずは◯◯をチェック!


「汚れを放置すると虫食いやカビ、黄ばみの原因になります。汚れをしっかり落として収納しましょう。洗濯表示に従って正しく洗えば大丈夫。」
暖かくなると、ついつい外遊びが増えて洗濯も滞りがちですが、汚れを放置すると大変なことに……。その前にしっかり洗濯するべきと話す中村さん。自宅で洗濯する前に、最初にするべきこととは?
「まずタグの洗濯表示をみて、水洗いがOKかどうか確認しましょう。シミなどの目立つ汚れには、洗う前に液体の中性洗剤を汚れに直接つけて、40度程度のお湯ですすいでください。そのまま洗濯してしまうと、汚れが繊維の中に入り込んでしまうので要注意。」

レースアイテムは干し方に注意して!


繊細なレースアイテムも、やり方をきちんと守ればすれば大丈夫。中村さんから教わったお手入れ方法をご紹介☆ 順番通りにやってみて♪

1.たたんで洗濯ネットに入れて、洗濯機へ。ドライコース(もしくは「おしゃれ着コース」)にかける。色落ちが気になる場合は、おしゃれ着用中性洗剤を使用しましょう。

2.濡れいるうちに、形を整えて干す。ハンガーを2本使い、橋を渡すように重さを分散させて。色が濃いものは裏返して日焼けしないように。

3.干す前にシワを伸ばしておけばアイロンは不要ですが、気になる場合はシワ部分を軽く霧吹きで濡らし、形を整える。そして熱で水分を飛ばすようなイメージで、アイロンをすべらせればOK!

いかがでしたか? with6月号では、流行のニットコーカディガンやスカーチョの洗い方もレクチャー☆ 今年は自分で洗濯をして、クリーニング代を浮かせちゃおう♪

撮影/島田礼奈 イラスト/ハヤシダシュウイチ 取材・文/音部美穂 再構成/山口真央

with6月号の今っぽパンツコーデや駅ビル特集、誰よりもHAPPYな花嫁になりたい人必見のWedding特集などもこちらでcheck♡

with6月号立ち読みはこちら♪
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ