編集部|ライフスタイル
16.Nov.2018

【香港ご褒美旅】夜景を眺めながらの贅沢ディナーは「FuRong(映水芙蓉)」で決まり!

演出が独特!楽しい料理の数々が登場します

お砂糖でできた器を割っていただきます

pattern_1
バンバンジーに欠かせないピリ辛チリオイル。チリオイルが入っているグラスは、実はお砂糖でできています。スプーンで割って、よく混ぜていただきます。
pattern_1
ひーバンバンジーおいしいけど、辛い!!
食べ終わったところでお口直しにと、甘いお茶が出てきました。一旦お口の中をリセットです。
pattern_1

中国料理と言えば、やっぱりエビ!

pattern_1
伝統的な四川料理を現代風にアレンジした料理が味わえる、FuRong。やっぱりエビが出てきました!
今年、「中国料理マラソン」で関西のホテルの中国料理をたくさんいただいてきたわたし。エビは出てくる確率がかなり高いけど、同じ味のものはなくて、お店ごとにアレンジが全く違うからおもしろい。
FuRongのエビはソースの量が少なくて、エビ本来の味を楽しめました。

おしゃれな盛り付けで目でも舌でも楽しめちゃう

pattern_1
お次にいただいたのは、お肉。サイコロステーキのような感じで、中国料理っぽくない一品でした。これはワインに合う!

そして盛り付けがとってもおしゃれ。お皿はシンプルなのに、個性が際立つ盛り付けです。
お肉の次に出てきたグリーンピースの盛り付けも、さすが。一見地味になりがちなメニューも、盛り付け次第でここまで華やかにおしゃれに見えるのかと驚きです。
pattern_1
pattern_1

〆は熱々のお米で

pattern_1
pattern_1
お料理の最後は、いつも決まってお米。どんなお料理がくるのか楽しみにしていると、何やら熱そうな器が運ばれてきました。そして目の前で出汁をかけていただいて、完成。
なかにはお焦げが入っていました。ほんとにアツアツだから、やけど注意!

デザートはタピオカとプリン

pattern_1
デザートはプリン。甘さ控えめなあっさり味でした。お好みでタピオカをトッピングしていただきます。タピオカは粒が小さくてあまり歯ごたえのないタイプでした。
pattern_1

最後にちょっと珍しいチョコレートを

pattern_1
これで終わりかと思いきや、最後にチョコレートが出てきました。
左の青いものはお酒が入っているもの。
右の赤いものは唐辛子が入っているものでした。唐辛子入りはチョコだけど、ちょっと辛くて、今までに食べたことがないお味でした。

FuRong(映水芙蓉)でご褒美ディナーを

pattern_1
香港というと、B級グルメや屋台フードのイメージを持っている人も多いかもしれません。
もちろんそういった食べ物のおいしいんですが、「ご褒美旅」ではちょっと奮発してFuRongで素敵な夜景とディナーを楽しんでみませんか。
お安いお店の料理も、お高いお店の料理も、それぞれに良いところがあって楽しめるのが香港ならではだなと思います。香港で、素敵な夜をお過ごしください♪

旅やグルメについて発信中♪

54 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ