編集部|ライフスタイル
20.Jul.2016

【ほぼ週刊 さえりのやわらかい言葉】お悩み相談Vol.2 “長所”の見つけ方


みなさんこんにちは! ライターのさえり @N908Saです。前回「夢を追いかけているのに自信がない 」というお悩みに回答させていただきました。今回は、また別の悩みに答えたいと思います。


「長所の見つけ方がわからない」
さえりさんは自分のいいところや好きなところはありますか?

わたしは大学3年生で、ここ最近就活のガイダンスの機会が度々ありました。そこで何度も聞いたのが「自分をアピールする」ということです。

今までの人生で自分の長所や短所を書かなければならない機会が何度かあったのですが短所はスラスラかけても長所が全く書けないのです。自分は他の人より秀でていることや得意なこと、一生懸命に取り組んでいるといえるものがないので何をアピールできるんだろうとすごく就活に対して不安でいっぱいです。

何か自分の好きなところ、アピールポイントを見つけられる方法やさえりさんの就活について教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

■そもそも「長所」とは一体なにか?
「長所の見つけ方がわからない」という就活のお悩みですね(きっと就活だけでなく、転職活動などでも当てはまるかもしれません)。わたしが学生のときにも「長所なんてない!」と頭を抱えている友人、結構いました。

でも当時わたしはずっと不思議に思ってました。「この人たちの思う“長所”のハードルってどんだけ高いんだろう……」って。


ちなみにわたしはエントリーシートや履歴書などにおいて「長所」と言えるところはたくさん書けても「短所」が書けないタイプでした。だって、他人が見るような、しかもそれで人間性をある程度判断されるような紙にどんな短所を書けばいいんでしょう……? もちろん実際には短所はたくさんあります。たとえば「すぐ憂鬱になる」、でもこんなの会社に出せません。たとえば「すぐ疲れる」、一発で落とされます。たとえば「やらなきゃいけないことあるのに寝ちゃう」、書類を破かれます。

それで結局書けるような短所って、一生懸命「長所」をひっくり返してあまり悪く見えないように書くしかなかったんですよね。「よく考えて行動する」を「物事をよく考えないと進めない」と書くとか。

結局のところ、こういう場合は“長所”を先に見つけちゃったほうが早いな、と思うんです。

さあ、じゃあその“長所”をどうやって見つけるか、ですよね。質問には「自分は他の人より秀でていることや得意なこと、一生懸命に取り組んでいるといえるものがないので何をアピールできるんだろう」と書いてありました。

でも、そもそも「他の人より秀でていることや得意なこと」を見つける必要がないんです。「他の人より」なんて誰かと比べて考えてたら、長所なんてほとんどの人が見つけられなくなってしまうからです。

明るい? そんなのAちゃんのほうが明るい。真面目? そんなのBちゃんのほうが真面目。優しい? そんなのお母さんの方が優しい。面白い? そんなの芸人のほうが面白い。想像力豊か? そんなの小説家にはおよばない。

と、まあこういう風になってしまうわけです。



■他人と比べなければ長所なんてすぐ見つかる
友達の長所のことを思い浮かべてみてください。それって誰かと比べて秀でているから、なんでしょうか? 多分そんなこと考えてもないはずなんです。友達のいいところを見つけるときって単純に「あぁ、いいなぁ」って思ったり、助けられたりしたエピソードがあったりするからだと思うんです。長所なんて、そんな風に単純な、個人的発見でいいと思います。

それに他の人より秀でているかどうかは、自分が決めることではなく、周りが決めることですから。逆に「これは誰にも負けない!」と思っているようなことは社会に出れば一発でもっとすごいやつが現れたりします。

そういうわけでまずは「他人より秀でているところを見つけよう」とするのは辞めましょう。自分がもっているものの中で、できるだけ素敵なものを見つけるんです。

見つけ方はちょっとありきたりですが「自分を他人だと思って遠くから見つめる」ことです。自分の親友を仰々しい場所で急に大人達に説明しないといけなくなった、と思えば一生懸命に親友のいいところを広い目線で見て言葉を選んで、人にわかるように、かつ魅力的に紹介するでしょう。それと同じで、自分を紹介する場所がきてしまった、と思ってください。

自分の行動をできるだけ遠くから見つめれば、きっと人に言える程度の「いいところ」はそれなりに見つかるはずです。長所なんて、結構ゴロゴロ落ちてます。

質問者さんのことではないですが、「わたし自分にいいところがない」「自分のことがひとつも好きになれない」と嘆く人たちって、自意識過剰な人が多いんじゃないか、とじつは思っているんです。自分のことしか見えなくて、自分に意識が向き過ぎるから、自分の嫌なところやダメなところばっかり目につく。もっとこうなりたい、ああなりたい、こうじゃなきゃダメ、こうじゃない自分がイヤ。そんなにまじまじと自分の悪いところばかり見つめすぎず、少し遠くから広い目でぼんやり自分のことを見つめてみれば、「まぁ、悪くない」とか思えるんじゃないでしょうか。

質問者さんが自分の素敵な部分を見つけて、この就活の期間を有意義に過ごせますように。どうか頑張ってください。何か少しでも力になれますように。

今日はここまで、どうもありがとうございました! それでは〜!

お悩み募集中!
お名前(ハンドルネーム可)とお悩み内容を書いて、saeri.otegami@gmail.comまでご連絡ください。アドレスも知られたくない! という方はhttps://jn.kds.jp/with/5105/でも受け付けています。


プロフィール
さえり
ライター。出版社勤務の後、Web業界へ。人の心の動きを描きだすことと、何気ない日常にストーリーを生み出すことが得意。好きなものは、雨とやわらかい言葉とあたたかな紅茶。
メール:saeri.otegami@gmail.com
Twitter:@N908Sa


1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ