編集部|ライフスタイル
30.Sep.2016

産婦人科の先生に聞きました! 生理痛の痛みを和らげ、病気を察知する方法とは?

生理の痛み、諦めていませんか? ちゃんと対処すれば、痛みから楽になれる方法があるんです。産婦人科医の高尾美穂先生にお話を伺いました。

痛みや量が増えたら要注意!

「with世代は子宮と腟をつなぐ子宮頸管(=子宮の出口)が狭くて硬いため、生理の際に血液がスムーズに流れないので、もともと痛みが生じやすいのです。さらに、子宮を収縮させるための物質が血管まで収縮させることで、下痢や吐き気、頭痛などの症状が起きることも。 生理のさまざまなトラブルには、このように病気が原因とは言えない場合もありますが、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が隠れている場合もあります。とくに、生理痛が非常に強くなったり、経血量が極端に増えたりしたときは、病状が悪化している場合も多いので要注意です」 (高尾美穂先生)

ピルで生理痛が改善されることも
「気になる場合は、なるべく早めに婦人科を受診しましょう。病気の場合は、それが今後の妊娠に影響を及ぼすこともあります。重症になる前にきちんと治療を。病気でない場合でも、鎮痛剤や低用量ピルを使うことで症状を和らげることができます。低用量ピルの服用に抵抗を感じる人もいますが、大幅に症状を改善できる場合もあるので、婦人科で医師に相談をしてみてください」

with11月号では「女子のカラダなんとなく不調チェックリスト」を大特集。生理のトラブルから病気を早めに察知する方法や、乳がんのセルフチェック方法など、カラダの悩み・疑問を一挙解決しよう!

イラスト/キャシバユーコ 取材・文/藍原育子(きいろ舎)



with11月号では、簡単なのに失敗しないすぐ着れて着まわせる服大特集や、予算少なめでも余裕なユニクロ、GU、ViSの着まわし、巻かずにおしゃれなヘアアレンジ、秋のベースメイク悩み20問20答、女子のカラダ不調の原因や対処法、今ドキマナーなど内容盛りだくさんでお届けしています♡


1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ