編集部|ライフスタイル

転職すべき? やめるべき? 次の仕事はどう探す?

「もっと自分に合う仕事に就きたい」「結婚・出産後も今の会社で働き続けられるの?」など、さまざまな思いで転職を考える読者が多数。とはいえ、いざ転職となると不安もいっぱい。そこで「転職活動」のキモを伝授します!

「ハッピーに働き続けるために
成長できる仕事を選んで」
「出産後も働き続ける時代。ライフステージに合わせた女性の転職が増えています。新卒にこだわらない企業も多く、20代〜30代前半の女性の市場価値は高まっています」と採用コンサルタントの菊池龍之さん。また、キャリアアドバイ ザーの藤井佐和子さんは言います。「女性の事務職は希望者が多く、競争率が高いのですが、 他の職種なら転職も比較的容易になっています。ただし即断は禁物。将来も必要とされる人材になるために、 自分がさらに成長できそうな会社を選んでほしいですね」

STEP1
今の仕事、辞めるべき? 続けるべき?
“”

社内の異動も視野に情報収集してみる
「まず自分の将来像を描きましょう。『10年後はどんな生活か』『そのために今何をすべきか』。 それらを考えた上で、今の会社でできることは本当にもうないのか、他の部署への異動で叶う可能性も含めて情報収集しましょう。『ない』と なったら転職も一つの選択です」(キャリアアドバイザー・藤井佐和子さん)

Q.「3年間は勤めたほうがいい」というのは本当?
3年間は一つの節目と言われますが、転職理由が明快に説明できるなら、こだわる必要はありません。社会人としてどれだけ成長したかが重要です」(藤井さん)

Q.誰に相談すればいい?
「率直に上司にあなたの評価を尋ねが、てみると、想像以上に高く評価されている場合も。また、仕事が充実している社外の友人に、どんな意識で働いているのか聞くのも参考に」(藤井さん)

“”



STEP2
いよいよ仕事を探す!
“”

いろいろな方向から求人情報を収集
「求人サイトや人材紹介会社(エージェント)、ハローワークなど求人情報を入手する手段はさまざま。最初は複数のチャンネルを使って、いろいろな業界や職種の求人を眺めてみましょう。そこで気になったワードをチェックしておくと、自分が仕事で何を重視しているのかがわかってきます。例えば『高待遇』に目がいくならお給料や福利厚生、『イキイキ』であれば人間関係や働きやすさ。自分の希望する仕事が定まってきますよ」(藤井さん)

“”

Q.働きながら探す? 辞めてから探す?
「今の仕事が忙しすぎるなら、退職してから探すのも手。ただ、無職になると焦りが出て、判断を誤る場合も。できれば働きながら探すのがベターです。事情を説明すれば面接時間なども考慮してもらえるはず」(藤井さん)

Q.やりがいと給料、どっちを優先すべき?
『やりがい』だけを求めて生活が立ち行かなくなったら、結局また別の仕事を探すことに。給料に関してもある程度はこだわって、バランスを考えて判断しましょう」(藤井さん)

Q.正規雇用にこだわるべき?
「将来も働き続けるためには、どんなキャリアを積めるかが大事。正社員でもそこでスキルや実績を積めなければ不安が残ります。待遇面で劣る場合もありますが、契約や派遣で働く選択もありだと思います」(藤井さん)

“”

藤井佐和子さん
キャリアアドバイザー。(株)キャリエーラ代表。キャリアカウンセリングをはじめ、企業研修や大学の非常勤講師、講演、キャリアセミナーなど幅広く活躍。これまでにアドバイスした女性はのべ1万3000人以上。

イラスト/菜々子 取材・文/寺田薫
with2017年2月号より




北川景子さんが表紙のwith3月号は、ユニクロ&GUを格上げさせる「合わせ方」、東京タラレバ娘の着まわし、春に向けた大人見えピンクコーデ、春服NEWSなどファッション企画を大特集。さらに先取り春メイクや無造作ボブのつくり方、プチ老け対策法、インスタ映えチョコレシピ、美人度が急上昇する話し方など内容盛りだくさんでお届けしています♪

1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ