編集部|ライフスタイル

夜の銀座歴25年以上のママが明かす「公共の場で女性がやってはいけない“あること”」

あなたには「また会いたい」と思える人はいますか?

みなさんの周囲に、自然に人を惹き付ける魅力的なオーラを持った人、「また会いたい」と思える人はいますか? ビジネスにおいてもプライベートにおいても、お相手に「この人とまた会いたい」と思って貰えたら、とても嬉しいですよね。

では、実際に「また会いたい」と思って貰うためには、どのような心がけや言動が必要なのでしょうか。そのヒントは、実は夜の銀座の世界にもあるかもしれません。

今回も引き続き、銀座でママを務めている日高利美さんの著者『また会いたいと思われる人になる 大人の教科書』の中身を少しだけご紹介します。

【著者プロフィール】日高利美

pattern_1
1975年生まれ。品川女子学院高等学校中退。18歳で夜の銀座の世界へ飛び込み、その後、多くの一流ビジネスマンへの接客から銀座流のおもてなしを身につけ、26歳で銀座でクラブをオープン。夜の銀座歴は25年以上。

一見のお客様が足を踏み入れることのできない銀座のクラブの経営や一流の男性へのおもてなし、女性の世界での上手な人づき合いから「コミュニケーションのプロフェッショナル」として著書を4冊出版。著書累計40,000部。TVや雑誌などのメディアでも活躍中。

人前でしてはいけないこと、マナーについて

大人ならば心掛けておきたい暗黙のルールあれこれ

大人になって仕事をするようになると人前でしてはいけないこと、しないほうがいいことが暗黙のルールとして存在します。例えば人前での欠伸、ゲップは他人が不快になる行為なので気をつけましょう。

くしゃみや咳なども体調が優れなくて出てしまうわけですが、人がいない方向を向いたり、その場を離れたり、マスクをしたりして、その場にいる人に対しての気配りをするようにすることが大切です。万が一(くしゃみや咳などを)してしまった場合には、お詫びの言葉を添えることを忘れずに。

うっかりやってしまいがち?ちょっとしたNG行為

心に思っていることや感情が、気づかず行動に出てしまうこともあります。舌打ち、貧乏ゆすり、自分の髪をやたらと触ってしまうなどです。イライラしていたり癖になってしまっていてやってしまう行為だとは思いますが、これは自分自身が意識して気を付けていれば直すことができます。

下を向いたり、目を逸らしたまま人と話したり、姿勢が悪く猫背だったりすることも、相手によくない印象を与えます。
次のページ>>女性必見!うっかりやってしまいそうになるけれど控えた方が良い行為とは?  
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ