編集部|ライフスタイル
11.Mar.2017

モテるには言葉遣いが重要!? 男子ウケの悪い言葉を今すぐチェック!

職場で信頼されて、プライベートでも人気のある女性は、みんな話し方が素敵な人ばかり。そろそろ子供っぽい会話は卒業! 大人の話し方を取り入れるだけで、美人度が急上昇します!!

美人度を上げる最も手軽な方法です!
“"
(C)Aflo

「メイクやファッションに気を使うなら、同じぐらい話し方にも気を配らないともったいない!」と、コラムニストの石原壮一郎さん。 「話し方は、意識すればその日から変えられます。しかもお金がかからないうえ、それだけで周囲からの好感度が大きくアップします。とはいえ、『完璧な言葉遣い』などできなくても大丈夫。丁寧に話そうという姿勢が見えることで、相手を大事にする気持ちが伝わりますよ」 元アナウンサーでマナー講師などを務める渡辺由佳さんは言います。 「『見れる』『食べれる』などの『ら抜き言葉』が今や多数派という報道もありました。たしかに、言葉は時代で変化していくもの。でも、だからこそ、あえて美しい言葉で話そうとする人の『美人度』は際立ちます。話し方美人になれば、仕事でも信頼され、プライベートでも人気者になれるはず!」

緊急アンケート!男子ウケの悪い言葉はコレ!
外見がどんなに素敵な女性でも、たった一つの言葉で男子の好感度が急降下することが。女性に使って欲しくないというNGワードをリサーチしました!

「ウケるんですけどー」
相手より一段上に立って、せせら笑っているよう」などの声が。にこやかに話していても、周りの男子は引いている?

「マジか」「マジ無理なんですけど」
これは言ってみれば男言葉。「おとなしそうなコが独り言で『マジか』と言うのを聞いて、がっかりした」など。

「ちがくてー」
「幼児が言っているならいいけど、いい大人がこう言っていると、イタい」という痛烈な声が!

「ウザ」「キモ」
「自分に対して言われていなくても、耳にしたくない言葉」など多数が挙げた。「大人の女性としての品格が疑われます」(石原さん)

単語しゃべり
「喫茶店で店員さんに『コーヒー』など単語だけで頼む」など「横柄な印象」を嫌う男子が多かった。

「うまい」
「その場だけ、男言葉でボーイッシュな自分を演出しているならまだしも、いつもだと周りに気を遣っていない印象」(コラムニスト 石原壮一郎さん)

「なんで男って」
「男を全部一緒にしないで欲しい」。ほかにも「だからB型って」など、ひとくくりにして短絡的に話すのを嫌う声が。

「うち」「だべ」
「本当の方言はかわいいけど、地方出身じゃないのに方言を混ぜて話されると、違和感しかない」という男子が多かった。


“”

渡辺由佳さん
元テレビ朝日アナウンサー。 1993年に独立し、以降、アナウンサースクールで指導を行う他、企業向けのビジネスマナー講座やコミュニケーション講座の講師も務める。著書に『気の利いた「ひと言」辞典』(講談社)など。

“”
石原壮一郎さん
キャリアアドバイザー。コラムニスト。編集者を経て『大人養成講座』(扶桑社)でデ ビュー。イマドキの大人のあり方を発信し続けている。ゲームにもなった『大人の女力検定』(扶桑社)など著書多数。近著に『大人の言葉の選び方』(日本文芸社)がある。



with4月号では、まず買うべき春アイテム、春服5枚で毎日いいねがもらえる着まわしなど、「今、買うべき春服」を大特集! さらに理想の春コスメセット、春のベースメイクお悩みスッキリBOOK、今どきゆるふわヘアの作りかた、女子アナメイクの完全レクチャーなど美容特集も盛りだくさん。デジタル版codigiでは「MAN WITH A MISSION」スペシャルBOOKと「PとJK」マンガ2話試し読みの2大スペシャルページも読める。桐谷美玲さん、川口春奈さん、広瀬すずさん×中条あやみさん、神山智洋さん(ジャニーズWEST)のインタビューもお見逃しなく!

イラスト/藤井昌子 取材・文/中川和子
2017年with3月号より

1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ