編集部|ライフスタイル

冬の汚れは春のうちに完全OFF!! 洗濯家が教える、正しい自宅洗いのHOW TOって?

一見キレイでも、汗や排気ガスなど衣類には見えない汚れがたくさん。洗いにくい冬物とはいえ、汚れを放置すると黄ばみや虫食いの原因に。洗濯王子こと中村祐一さんが自宅洗いの方法を伝授!

“”

白パンツは蛍光剤の入った洗剤で

STEP1 洗濯液につけおき

“”

白く仕上げるため蛍光剤入りの粉末洗剤を使用。40℃程度のお湯1リットルに対して蛍光剤入り粉末洗剤5gを溶かし、30分つけおく。

STEP2 洗濯機ですすぎ3回・脱水1分

つけおき後、汚れがあればブラシでこすって落とす。洗濯機ですすぎを3回、脱水を1分かける。すすぎの際に、柔軟剤を投入口に入れておく。

STEP3 筒状にして干す

“”

パンツを裏返して干す。「スカートと同様に、ピンチハンガーを使って筒状にして干すと型崩れしにくく、風も通るので早く乾きます」

STEP4 アイロンはポケット→腰まわりの順に

まずポケットの布に裏からアイロンを。続いて、表に返して腰まわり→脚部分。脚部分は、外側→内側→正面の順にかけると側面にシワがつきにくい。


布製スニーカーには石鹼が有効

STEP1 メラミンスポンジで汚れを落とす

靴ひもを外し、最初につま先やソールなど樹脂部分の黒ずみをオフ。「激落ちくん」のようなメラミンスポンジで消しゴムのようにこすって汚れを落とそう。

STEP2 真っ白のものは30分つけおき

白いスニーカーなら、40℃程度のお湯3リットルに大さじ1杯の粉末洗剤を溶かし、30分ほどつけおきする。

STEP3 石鹼&ブラシで洗う

“”

靴全体に固形石鹼をぬりつけ、表面をブラシでこすって汚れを落とす。靴洗い用ブラシはもちろん、歯ブラシでもOK。よくすすいで石鹼を落とす。

STEP4 タオルを詰めて洗濯機で脱水

靴の中にタオルを詰めて洗濯機に入れ、5分脱水にかける。「脱水後、中のタオルを取り出し、新たに乾いたタオルを入れて形を整えて干すと型崩れを防げます」

レーススカートはしっかり形を整えて

STEP1 洗濯ネットでレースを守る!

レースを傷つけないよう、たたんでネットに入れる。おしゃれ着用中性洗剤を使い、洗濯機でドライコースに。

STEP2 濡れているうちに引っ張る

“”

特に縫い目の部分が縮みやすいので、濡れているうちに縫い目部分を中心にやさしく引っ張って形を整える。複数のハンガーを使い、重さを分散させてつり干し。

もこもこルームウェアはペット用のブラシで

STEP1 柔軟剤で静電気防止

基本的には洗濯機で洗ってOK。おしゃれ着用中性洗剤と柔軟剤を使う。「柔軟剤を使えば、ふんわり仕上がるだけでなく、静電気の防止にもなります」

STEP2 ペット用のブラシで起毛する

“”

乾燥後、スリッカーブラシ(ペットの毛のお手入れブラシ)で、固まった繊維をていねいにほぐすとフワフワに。ブラシは100円ショップなどでも手に入る。

ウォッシャブルスーツは肩をケア

STEP1 ネットに入れてドライコースで

軽くたたんでネットに入れ、おしゃれ着用中性洗剤を使用して、ドライコースにかける。

STEP2 肩部分の厚いハンガーで干す

“”

スーツは肩部分の形が重要。ここが崩れないよう、厚みのあるハンガーで干す。なければハンガーにタオルを巻きつけて。基本的にアイロンは不要だが、衿が波打つようだったら、衿部分のみ乾燥後に軽くアイロンをかけると見た目アップ。

ウールのプリーツスカートは洗濯ばさみで留めてから

STEP1 洗う前にプリーツを留める

“”

プリーツは洗うとひだが広がって折り目が取れてしまいがち。「洗うときにプリーツ部分の裾を洗濯ばさみで留めておくと折り目がキレイに仕上がりますよ」

STEP2 洗濯機で脱水せずバスタオルで

“”

ニット洗いと同様に手洗いする。ただ、洗濯機で脱水しない。バスタオルの半分にスカートを置き、上からもタオルをかけて挟み、軽く押して水気を取る。

STEP3 干すときは洗濯ばさみの跡がつかないように

プリーツを整えて裏返し、筒状になるようにピンチハンガーに吊るす。このとき、直接挟むと生地に跡が残るので、折りたたんだティッシュなどの上から挟もう。

トレンチコートはスポンジを活用

STEP1 スポンジでなでる

“”

30℃程度のぬるま湯におしゃれ着用中性洗剤を溶かして、食器洗い用のスポンジに含ませる。そのスポンジでコートの表面を全体的に軽くなでる。

STEP2 表面にシャワーをかけてすすぐ

コートの表面全体に水のシャワーをかけ、洗剤を洗い流す。「よりしっかりすすぎたい場合は、40℃くらいのお湯で素早く洗い流しましょう」

STEP3 10秒ずつ、3回にわけて脱水

薄手ならバスタオルで全体の水気を取る。厚手なら、洗濯機で10秒×3回脱水を。1回ごとに取り出してほぐし、たたみ直して洗濯機に戻すとシワになりにくい。

STEP4 アイロンをかけてから干す

引っ張ったり叩いたりして形を整えてから干す。きついシワがあれば、干す前にアイロンを。特に目につきやすい衿部分にはアイロンをかけておくのがおすすめ。

\教えてくれたのは/
“”

洗濯家 中村祐一さん
国家資格クリーニング師。「洗濯王子」の愛称で親しまれ、のべ2000人以上に直接洗濯方法のアドバイスを行い、テレビ等でも活躍中。『幸せを呼ぶスマート洗濯』(ポプラ社)、『おうちで簡単洗濯上手』(大泉書店)など著書多数。



撮影/恩田亮一 イラスト/リョウカネヤス 取材・文/音部美穂
with2017年4月号より


1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ