編集部|ライフスタイル
30.May.2017

横澤夏子が斬る!! 「悲劇のヒロイン女子」「世界観女子」など、‟めんどくさい女子”あるある

女子同士のコミュニケーションって難しい! 曖昧なわかりにくい言い回しで本心がよくわからなかったり、水面下で張り合っていたり……。そんな世界を生き抜いていくためには? 「女子が嫌いな女子」あるあるをpick upして紹介します。

あなたもこんな‟○○女子”になってない?
「女子が嫌いな女子」あるある

みんなが困っているのは身近にいるこんな女子。‟あるある!”と笑うだけでなく自分自身のことも振り返ってみて! いつのまにか、あなたの中の‟めんどくさい女子”の部分がにじみ出ていませんか?


自分の嫌いな人を「あのコって○○だよね~」と人にも嫌わせようとする。(29歳・美容)
誰かをほめると、「でも、あの先輩って実は……」といちいち反論。(25歳・アルバイト)

新人に何かを教えるときに、「この案件は必ず○○さんを通すの。なんでだと思う?」など、絶対にわからないようなことでも、必ず質問形式。(26歳・メーカー)

「それってさ~、結局◯◯ってことだよね」と、話をまとめにかかり、優位に立ちたがる。(31歳・司書)



「こういう女子と一緒だと、いつ『焼きそばパン買いに行け』と言われるか分からない……。ずっと大将と家来の関係でいなきゃいけないから、いつかみんな距離を置き始め、最後は一匹オオカミになると思う!!」(横澤さん)



自分でトラブったときに限って、「ったく課長のせいで!」などといちいち人のせいにして不機嫌になる。(26歳・メーカー)

さぼってるのを注意すると、「できない人の気持ちがわからないの?」と才能の問題にする。(27歳・美容)

男の先輩に媚を売っておいて、「つきまとわれてウザい」とか言ってる同期。(24歳・金融)

「派遣はいいよね、気楽で」といったイヤミを言ってくる。いつでも「自分がいちばん大変」。(31歳・派遣)


「SNSでも多いですよね。『私が我慢すればいいの』と被害者風に呟いたり、コメント2件なのに『多くの人に助けられて』とか言ってたり。このタイプに正論を言ったら終わり。加害者扱いされるから気をつけて」(横澤さん)



「かわいい系の服似合うよねー!」と言われ喜んでいたら、「“男ウケ気になる派”でしょ?」。(24歳・建設)

「いつも女子力高いよね~!私にはそんな時間ないな~」と暇人扱い。(30歳・商社)

合コンで「このコ性格もいいし、かわいいし! 横澤夏子に似てない!?」と微妙な例を挙げてくる。(27歳・IT)

「○○子って絶対モテるよねー!男の心理よくわかってそうだもんねー♪」と、ホメているようでオトす。(26歳・自営)


「これ私だ(笑)。いいコとは思われたいけど、ひと言言わずにいられない。相手をへこませたいというより、自分がスッキリしたいんです。結構自分では気づいてない人も多いはず。お酒飲むと口が悪くなる人はそうかも!」(横澤さん)



「もっと明るい色の服着たほうがいいよ」などと、頼んでもいないアドバイスをしてくる。(28歳・派遣)

「〇〇ちゃんには優しい男の人がいいよ」と、カッコよくない人を推してくる。 (27歳・ネイリスト)

「わかっちゃうんだなぁ、私、〇〇子のことなら」って超能力?(29歳・メーカー)

「今日メイク時間なかったの?」と、毎日、遠回しに私のメイクに点数をつけてくる。( 30歳・教育)

「〇〇子のためを思って、あえて言うけど」など、いちいち人の彼氏にケチをつける。( 25歳・メーカー)


「私も『その服いつ買ったの? 見たことない』とか言われる。『あんたに買った服全部見せなきゃいけないの!?』って思います。自分のほうがオシャレと思ってるんだろうけど、ファッション編集者以外言わないでって感じ!」(横澤さん)



「蟹座ってそうだよね〜」などと何でも占いにもっていく。(27歳・医療)

「〇〇ちゃんて気が強いよね」程度の批評にも、「悪口は良くないよ!」などとたしなめてくる聖人君子女子。(27歳・印刷)

「え、パスタ~!? グルテンはやめたほうがいいよ~」などの押し付け。(22歳・アルバイト)



「どうでもいいことなのに『絶対メモったほうがいいよ』って偉そうな人、いますよね~。まあ私も迷信好きで、御守りを自分で買った人に『御守りは人から貰わなきゃダメだよ!』と怒ったりするんですけどね……」(横澤さん)



恋愛相談の描写が細かすぎて、何時間たっても何の相談なのかわからない。(24歳・法律)

こちらが知らない、自分の会社の人の愚痴などを延々と話す。何人か名前まで憶えてしまった。(26歳・IT)

どんな会話も「私はね」と自分話にもっていく。人が話し始めるとケータイをいじり出すなど露骨に興味のない態度。(26歳・金融)



「『○○に住んでる』と話したら、『私、○○のミスドで泣いたことある』と自分話に持ってったコがいました。すごいですよね。という私も自分ばかり喋るので、友達に『ラジオだと思ってる』と言われたことがあります……」(横澤さん)



撮影/門嶋淳矢 イラスト/菜々子 取材・文/山本奈緒子
2017年5月号より


1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ