編集部|ライフスタイル
23.Jan.2020

イマドキ京都はパンも美味しい♡ 京都観光で立ち寄りたいパン屋さんはここ!

こんにちは!girlsエディター、高遠です。

突然ですが最近のマイブーム、冬の京都旅。

何故かと言うと、紅葉が終わり桜が咲くまでの冬の間は、観光客の数も京都にしては比較的少なくホテルの価格もハイシーズン価格から通常期価格に戻っていくから。金銭的にも行きやすくなるんですね。

また朝の澄んだ古都の空気も、冬のちょっとした醍醐味だったりします。さすが千年の都はいつ行っても魅力的。ただ、盆地でかなり冷え込むので相当の防寒が必要ですが。

イマドキ京都の朝はパンで始まる!

京都と言えば【和食】【懐石】【おばんざい】なイメージが先行しがちですが、実は京都に住まう人々は【パン】が大好きなのだそう。意外ですよね。私も驚きました。

そんなこんなで今回ご紹介する2店舗は京都民にも人気が高く観光客にもオススメしたい名店です!今度の京都旅のモーニングにいかがでしょうか♪

志津屋(SIZUYA)

1948年創業の、京都で長く愛されているパン屋さん。京都市内を中心に22店舗を展開しています。

看板商品は【カルネ】と【カツサンド】(私はクロワッサンと塩パン、北海道メロンパンもお気に入り)。ハムとスライスしたオニオンをフランスパンで挟んだ、シンプルなのに美味しい、そして栄養価もgood、朝にばっちりの一品です。
耳寄り情報、最近ではなんと京都市内のスーパーマーケットでもカルネを手に入れることができるのだとか。志津屋のカルネがいかに京都民に愛されているかを伺い知れますね。
pattern_1
pattern_1
この日はホテルの部屋までテイクアウトして、温かいストレートティーと一緒にカルネをいただきました。カフェオレや牛乳、野菜ジュースとの相性もよさそうです。
そして香ばしくてサクッと軽い触感のパン粉をつけて揚げたカツに秘伝のソースで仕上げた元祖ビーフカツサンドは、モーニングのみならずランチのお供にも大人気!一度は試していただきたい逸品です。

京都の朝は、志津屋から始まります。
次のページ>>フレンチレストランが作り出す、OLに人気の"本気のパン屋"さんを紹介!  
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ