編集部|ライフスタイル
17.Nov.2017

モテる人は"気配り"上手だった!! 今日から簡単にできる気配り【2】

「あの人ステキ」そんな風に憧れる女性は周りにいませんか? どの職場にも一人か二人はいる、ステキなオトナ女子はみんな"気配り"名人。さりげなく、自然に相手が喜ぶようなことができるようになれば、あなたもオトナ女子の仲間入り! 今日から簡単に始められる気配りのコツを教えます。

>>今日から簡単にできる気配り【1】はこちらから!
>>今日から簡単にできる気配り【2】はこちらから!
>>今日から簡単にできる気配り【3】はこちらから!

相手が喜ぶ方法で
"送る・贈る"ための気配り
 送る・贈るはさりげなく、が、気配り名人の鉄則。 

気配り1:さまざまな種類のメッセージカードをストックしておく
相手に合ったメッセージカードを送ると、相手への気づかいも伝わる
「お礼状や贈り物に添えるメッセージカードは目上の人や上司、友人、仕事関係など相手によって使い分けましょう」。普段からさまざまな種類のカードをストックしておくと便利です。

気配り2:日頃から相手の興味ある分野にアンテナを張っておく
相手が欲しい贈り物のヒントは日常の会話や行動にある
好きな物をプレゼントされると、贈り物はもちろんのこと、自分のことを知ってくれていると喜びも倍増。「普段から相手をよく観察して情報を収集。贈り物リストを作っておくと便利です」

気配り3:初対面の人や既婚男性には消え物を贈る
男性への贈り物は個人的な行為と受け取られないよう配慮を
「特に男性には、個人的な好意だと受け取られてトラブルにならないように、食べ物などの消え物を送りましょう」。既婚者には「奥さまとお召し上がりください」などひと言を添えるとベスト。

気配り4:手みやげはストーリーを語れるものにする
食べておいしかったなど、エピソードの語れる商品は印象的
「食べておいしかった」「雑誌で紹介されていて」など、手みやげには、それを購入するまでのストーリーを語れるものを選びましょう。「ストーリーがあると、思いを込めて選んだということが伝わりやすいでしょう」

思わずうなずく
"お願いする"ときの気配り
お願いするほうもされるほうも心地いい依頼方法は?

気配り5:事前に地ならしをしておく
話を切り出しやすい雰囲気は事前のひと言で決まる
「会ってお願いするときは、『次回お会いするときにお願いがあります』など、事前に伝えましょう」。お願いされる相手も心の準備ができます。

気配り6:「なぜ、あなたなのか」をしっかり伝える
自分が選ばれたと感じて積極的に引き受けてくれる
頼みごとは「パソコン得意だから教えて〜」など、なぜその人にお願いしているのかを伝えて。「自分が選ばれた人だと感じられ、喜んで引き受けてくれます」

気配り7:複雑な頼みごとは5W1H的なメモを付けて
具体的な数字や指示が相手のミスをなくし、作業効率がアップ
複雑な頼みごとは、いつ、どこで、どのように、など具体的な事柄をわかりやすくメモに書いて。「相手のミスをなくし、要領よく進めることができます」


『オトナ女子の気くばり帳』
気配りについて1000人以上にアンケートを行い、さらに気配りな人へ徹底取材。シーン別にすぐに始められる気配りのコツが網羅された一冊。これさえあれば気配り名人になれるはず! 気くばり調査委員会著 ¥1100/サンクチュアリ出版

イラスト/沼田光太郎 取材・文/山本美和 デザイン/フォルム
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ