編集部|ライフスタイル
14.Oct.2019

伊勢神宮観光におすすめ! 正しい参拝方法やルートを紹介

伊勢神宮で癒される♡正しい参拝方法やルートを紹介

pattern_1
出展:withgirlsレギュラーメンバー 呉本裕理さんのブログ
伊勢神宮を参拝することを“お伊勢参り”とも呼ばれ、古くから行われています。伊勢神宮の敷地は広く、さまざまな神様が祀られているので、ひとつひとつ巡っては参拝するようにしましょう。今回は伊勢神宮の参拝ルートや御祈願の種類、伊勢神宮と一緒に巡りたいおすすめグルメスポットなどを詳しくご紹介します。

目次

1.伊勢神宮で“お伊勢参り”をして身も心もリフレッシュ!

pattern_1
伊勢神宮は、日本一のパワースポットとしても知られる有名な場所です。伊勢神宮を参拝することを“お伊勢参り”といい、全国各地から伊勢神宮の絶大なパワーを求めて多くの人が訪れています。ひとたび足を踏み入れると、その厳かな雰囲気に驚くと同時に、身も心もリフレッシュされていく感覚に…。伊勢神宮が持つ不思議な力を、直に体験してみませんか?

└そもそも伊勢神宮って?

伊勢神宮とは、古くから“日本人の心のふるさと”として親しまれてきた場所で、「お伊勢さん」と呼ばれています。伊勢神宮の正式名称は「神宮」といい、内宮と外宮の2つの正宮を中心とした125社のお宮とお社で構成されています。内宮は皇室の御祖先である天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、外宮には天照大御神の食事を司り、産業の守り神としても知られる豊受大御神(とようけのおおみかみ)が祀られており、内宮は約2000年、外宮は約1500年もの長い歴史を持つといわれています。

└伊勢神宮では個人の願い事はしない!

神社やお寺へ参拝する際は、願い事を伝えるのが一般的ですが、伊勢神宮では個人の願い事は避けるようにしましょう。そもそも伊勢神宮・正宮への参拝は、個人的な願い事を目的としたものではなく、「感謝の気持ち」を神様に伝えるためのものです。正宮を前にした際は、清らかな気持ちで1年の感謝を伝えるのが望ましいです。

しかし、個人的なお願い事ができないわけではありません。伊勢神宮外宮内にある「多賀宮」または内宮内にある「荒祭宮」は、正宮の次に尊い存在とされ、個人の願い事を伝えてもOKな場所とされています。個人の願い事は正宮ではなく多賀宮か荒祭宮で行なうようにしましょう! 
次のページ>>2.今更聞けない!伊勢神宮の正しい参拝方法をご紹介します  
153 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ