withonlineロゴ
  • ライフスタイル
  • 入学式こそ“きもの”を着よう!もう迷わない、晴れの日の礼装選び【きものイロハ塾】
編集部|ライフスタイル

入学式こそ“きもの”を着よう!もう迷わない、晴れの日の礼装選び【きものイロハ塾】

SHARE

入学式のきものって何を着ればいいの!?

こんにちは! withLab STAR100兼withLabエディター、割とよう喋るきもの愛好家のあやみんです。

街中に桜が咲き乱れ、春景色を堪能されているのではないでしょうか。
さて、春といえば入学式シーズンでもあります。お子さんの晴れの日に、せっかくならきものを着てみたいけれど、ルールが色々あって結局何を着ればいいのか分からない……そういったお声をちらほら耳にします。せっかくきものに触れることのできる機会を逃さない為に、みなさんのお悩みを解決し、自信を持って晴れの日のきものを楽しめるよう、この度きものイロハ塾を開講します!

入学式に相応しい3種類のきものと、大事な“格”について

一般的に、入学式に相応しいきものは訪問着、色無地、付け下げが一般的です。帯は袋帯を合わせるのが基本です。
後ほどひとつずつ解説していきますが、その前にまず“きものの格”についてチラッとお話しをさせてください。

洋服にもデニムからドレスまで様々な種類があり、TPOに応じて使い分けているかと思います。近所への買い物にはラフな格好をしたり、披露宴にはパーティードレスを着たりするように、きものにもTPOがあります。

例えば冠婚葬祭など、公式な儀式においては振袖や留袖、喪服などを着用しますが、これらは正礼装(第一礼装)と呼ばれます。

次に格が高いのが色留袖、訪問着、付け下げ、色無地など準礼装と呼ばれるものです。今回ご紹介する入学式のきものはこちらにあたります。

その次に略式礼装​と呼ばれる、格式張らないパーティーに向く装いがあります。色無地や付け下げに加えて江戸小紋などもこちらに含まれることが多いです。準礼装と略式礼装の違いを明確に語るのは難しいのですが、きものに紋が入っているかどうか、入っている場合は何個(一つ紋、三つ紋、五つ紋があります)入っているか、また柄行きや合わせる小物によっても格が変わってきます……頭が痛くなりますね(笑)。
紋ついてはまた改めて詳しく記事にしたいと思います!

さらにその次には、ちょっとしたお出かけや普段の街着として着る小紋や紬、木綿やポリ、ウールなどの素材のきものがあります。よくきものレンタルで見かけるきものはこちらの分類ですので、いちばん想像しやすいのではないでしょうか。
 

訪問着(ほうもんぎ)のイロハ

では本題に戻ります。

入学式のきものは準礼装に該当します。その中でも最もポピュラーなのが訪問着

訪問着とは、カチッとしたフォーマルなシーンからパーティーシーンまで活躍してくれる華やかなきものです。
「訪問着」という言葉、実は大正初期に三越呉服店(現在の三越デパート)が新商品として打ち出したものだそうです。人の家に訪問をする時に失礼ではないきもの、​という意味合いが込められています。​
明治時代に一気に西洋文化が日本に取り入れられて以降、ますます洋風化が進む中で日常的に洋服を着るようになっていきます。その一方でお出かけ着としてのきもの需要が高まり、これまで正礼装か普段着しか選択肢がない中で生まれたのが「訪問着」だったそうです。

柄が入っている部分は前だと左肩から胸、左袖、裾。後ろは右肩から背中、裾にかけてが一般的です。
また、特徴としては縫い目にかかわらず肩から胸や袖にかけて、まるで1つの絵のように美しく繋がっています。このような柄行きを絵羽模様といいます。
きものの裾の端をぺろっとめくると、きものの生地と同じ布(=共八掛:ともはっかけ)が付いていることが多いです。

合わせる帯が金や銀糸をあしらった織りの豪華なものであれば格が上がり、つるんとした染め帯などを合わせると少し格を落として着こなすことができます。
pattern_1

色無地(いろむじ)のイロハ

続いて色無地についてです。

色無地とはその名の通り、色がついているきもの且つ無地のものという意味合いですが、地紋の有無にかかわらず、白生地を黒以外の一色で染めたものを指します。とてもシンプルなので落ち着いた印象があります。下の写真のように地紋が浮き出ているようなものですと、1色でも立体感のある上品な雰囲気になります。

紋の入った色無地は華やかな袋帯と合わせると準礼装の程度まで格がグッと上がりますので、入学式や卒業式などの式典やパーティー、茶道のお茶会など幅広く重宝します。
紋が入っていない場合はカジュアルになるので、食事会や舞台鑑賞などちょっとしたエエトコにぜひ着てみて下さい♪
pattern_1
次のページ>>フォーマルにもおしゃれ着にもマルチに活躍!『付け下げ』って何??
 
21 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS