withonlineロゴ
編集部|ライフスタイル

夫がすすんで家事をするようになるための上手な”伝え方”とは?

暮らし

家のことに興味がない? 夫・パパの気持ち

モヨウ替えコンサルティングを始めたばかりの頃、ご夫婦を前にダイニングの使い方の提案プランについてお話をしていたときのことです。

このお客さま宅の間取りはキッチンから洗面室へと抜けられる扉があるタイプでした。
そのため行き来には便利なのですが、食器棚を置くスペースがほとんどない。
収まりきらない食器や家電類は、ダイニングに置いた食器棚へ収納していましたが、食器棚の前にはテーブルセットもあるため、どうしても使いづらいようでした。

ご提案したのは次の2つです。
(1)洗面室への扉をふさいで食器棚を置くプラン
(2)ダイニングの食器棚への動線を確保して少しでも使いやすくするプラン
 
これらは、お部屋のモヨウ替え全体の優先順位によるものなので、どちらが正解かという話ではありません。
お客さまの暮らしにはどちらがよいか話し合っていたとき、それまで黙って聞いていたパパさんがついに声を発しました。

「ダイニングに食器棚を置かないほうが、広々と座れていいんじゃないの? 別にキッチンから洗面室に行けなくても、ちょっと脇を通れば行けるじゃん」

これを聞いたママさんは、「あなたはどうせキッチンに入ることもないし、キッチンから洗面室に行く便利さもわからないんだから黙ってて!」とピシャリ。

せっかく意見を言ってくれたのに、「じゃあ俺には関係ないから好きにすれば」という感じで、再び黙り込んでしまいました。

本当に、パパには関係がないから黙っていたほうがよかったのでしょうか?
次のページ>>モヨウ替えをするとき、夫婦それぞれの発言が必要!
39 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS