編集部|ライフスタイル

職場の人間関係は“悪い”が当たり前「対人関係をラクにするシンプルで確実な唯一の方法」

社会人の悩みの一つが「職場の人間関係」。どうしてもこうも悩む人が多発してしまうのでしょうか? 今日はその謎について詳しくみていきます。今話題の書籍『精神科医が教える ストレスフリー超大全』の内容を一部抜粋しながら、お届けします。

教えてくれたのは……樺沢紫苑さん

精神科医、作家。1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。「情報発信を通してメンタル疾患、自殺を予防する」をビジョンとし、YouTubeチャンネル「樺沢紫苑の樺チャンネル」やメルマガで累計50万人以上に精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝える、「日本一アウトプットする精神科医」として活動している。
シリーズ70万部の大ベストセラーとなった著書『学びを結果に変えるアウトプット大全』『学び効率が最大化するインプット大全』(サンクチュアリ出版)をはじめ、16万部『読んだら忘れない読書術』(サンマーク出版)、10万部『神・時間術』(大和書房)など、30冊以上の著書がある。

職場の人間関係は「良くないのが普通」

「うちの会社は人間関係がよくない」という話をよく聞きます。逆に、「うちの会社は人間関係が最高だ」「こんなに働きやすい職場はない」という話は、滅多に聞きません。なぜなのでしょうか。

それは、「すべての職場は人間関係がよくない」からです。

たとえば、小学校、中学校、高校のクラスを思い出してみましょう。40人ほどのクラス全員が仲良しで、いじめや仲間はずれなどまったく存在しない、人の悪口を言う人も誰もいない。そんなクラスが存在したでしょうか。 

あなたは自分の職場を「人間関係が険悪」と思うでしょうが、多くの職場や組織を見てきた私から言わせると、それはごく「普通」のことです。「職場の人間関係はよくない」のがスタンダードなのです。

ですから、「職場の人間関係が悪い」という理由で転職すると、次の職場も「人間関係が悪い」、また次の職場も「人間関係が悪い」と、何度転職しても、理想の職場は見つからないはずです。まずは考え方を変えるべきなのです。

職場の人間関係は深めてはいけない!?

「対人関係の三重円」と言うものがあります。

円の一番内側が、「重要な他者」である家族や恋人、親友。
円の2番目が、友人や親戚。
円の一番外側が「職業上の人間関係」になります。
つまり、「職場の人間関係」は、心理学的に見るとそこまで重要ではないのです。それなのに多くの人は「職場の人と仲良くなる」ことを重視し、「友人」と同レベルに親密度を深めようと膨大な時間と精神エネルギーを費やします。結果として、精神的に疲弊し「今の職場を辞めたい!」と思うのです。「まったく話をしない」「目も合わせない」「相手を引きずり下ろすための嫌がらせが日常茶飯事」など、仕事に支障をきたすと困りますが、職場の人間関係は最低限のコミュニケーションがあれば十分なのです。

社会人になってすぐの人は、それまでの人間関係を引きずります。
たとえば、「高校、大学のクラスメイト」や「部活の仲間」のイメージで、「職場の人間関係」をとらえます。ですから、職場の仲間とも、今までの「友人」と同じような「深い関係」を築こうとする。結果としてそれは実現されないので、悩み、疲れるのです。 

職場の人間関係は、もっと「ドライ」でいいのです。職場の人と「仲良くなろう」という意識を捨てましょう。
「仲良くなる」や「好かれる・嫌われる」ではなく、報告・連絡・相談など仕事に必要なコミュニケーションをすることのほうが、100倍、1000倍重要です。
次のページ>>仲の良いチームは実現可能? 2枚のピザで分かる理論とは  
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ