withonlineロゴ
編集部|ライフスタイル

「キッチンの家事動線」を短くするだけで生活がぐっと楽に!? プロに聞いた収納のコツ

暮らし
コロナ禍に入り、家にいる時間が増えたことで、インテリアを変えたり、引っ越しをしたりした人も多いはず。けれどしばらくすると、気がついたらモノが溢れている、きれいにしたはずの部屋があっという間に元通りに…など、うまく片づかない部屋に悩むことはありませんか?

今回はそんな悩みを解消するべく、テレビや雑誌で活躍中のクローゼットオーガナイザー・中里ひろこさんの著書『わたしに合った「片づけ」ができる 仕組みづくり』から理想の暮らしを叶えるための片づけの方法をご紹介します!
 

「片づく家」の仕組みづくり

毎日の家事動線は数歩でも短く

家の中で、一番滞在時間が長いのはキッチンです。キッチンは健康のための料理づくりの場所だけでなく、時間や気持ちも生み出すクリエイティブな場所でもあります。最近ではインテリアキッチンという言葉も耳にします。調理家電もおしゃれで機能性の高いものが増えていて、それらを置くことを加味してキッチンを考えるのが一般的にもなっています。

今回の家の間取りでは、リビングに入ると一番広い面積で目に入るのがキッチンの壁面になるので、インテリアも兼ねるわたし好みのキャビネットをオーダーすることにしました。オーダー家具は初めての経験でしたが、スペースを最大限に使って考えていただけること、手持ちの収納したいモノに合わせた大きさや形を提案していただけることのほか、部屋のイメージに合わせた色やパーツのセレクトができるのが魅力でした。生活感の出る炊飯器やゴミ箱を引き出しに収納できる細やかな配慮や、可動式棚の組み合わせがとても便利で気に入っています。また、面倒な食器の片づけをラクにするため、食洗機の対面に食器収納の引き出しがあり、一歩も動かず食器を片づけられるので家族も片づけてくれるようになりました。
次のページ>>《写真で見る》生活がぐっと楽になるキッチン収納のコツ
30 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS