編集部|ライフスタイル
24.Feb.2019

関西で大人気! 芦屋発・絶品食パン専門店「明日の食パン」が兵庫&大阪に続々オープン♡

こんにちは。京都在住のwith girlsエディター島崎レイコです。

京都に来たら...
抹茶より和菓子より八ツ橋より湯豆腐より、

とりあえずパン食べたほうがいいで!!

..と、京都を訪れる友人に叫び続けてはや何年。

過去にも、京都はパンが美味しい!という記事を何記事か、書きました。
このように、ある程度パンにはこだわりのある京都人なので、「美味しいパンは京都にある!」と信じてやまないのですが、「最近”関西で話題の生食パン”の新店舗が大阪・福島にオープンした」という情報を聞きつけて、気になったので早速行ってきました。

もう食べた?芦屋発祥の無添加食パン「明日の食パン」

pattern_1
今回、大阪・福島にニューオープンしたのがこちら「明日の食パン」。兵庫・芦屋に本店を構える、関西発祥の無添加生食パン専門店です。
pattern_1

1,000円もする食パンて!!

と、驚かれるかもしれません。が、このお値段は、原材料や製法へのこだわりがぎゅっと詰まっているからこそ。実際に口にしてみれば、「あっ、これは1,000円払えるパンやわ!」と納得すること間違いなし。

それにこのサイズ、普通の食パン2斤分くらいとかなり大きいので、実物を見ればむしろお得な感じがするかもしれません。

買った当日は焼かずにそのまま"生"がおすすめ!

pattern_1
袋もちょっぴりおしゃれ仕様で、おもたせにもぴったり。

「MU kodomo」は、合成保存料、合成着色料、安定剤、卵、イーストフード、乳化剤、香料を使わず作られた食パン。

さらには、マーガリンを使わず、国産バター100%使用、はちみつやマスカルポーネチーズを使ってコクやほんのりとした甘みを引き出す仕込みになっているので、グルメな方への差し入れとして、また、食べ物に気をつかうママやパパへの手土産として、喜ばれること間違いなし。
pattern_1
壁にはずらりと食パンが鎮座。
お店のおすすめは、当日は生で、翌日はトーストして食べてください!ということなので、持ち帰った「MU kodomo」を、その日は生で食べてみました。

一口たべて、人気に納得!もちもちの生地に、噛めば噛むほどじんわり甘い、この味わいのとりこになってしまいました。

晩ご飯前だから薄く切った1枚だけちょっと味見...と思っていたはずが、ふんわり軽くて甘い口当たりのせいか、気づけば1枚、2枚...とパクパク食べ進めてしまいました。そして夜にはムスコも、晩ご飯のあとにも関わらず、厚切りの1枚をペロリと完食...。恐ろしい魅力をもった食パンとの出会いです。

>>次ページ 絶品食パンと一緒に食べたい♡季節のフルーツジャムはギフトにおすすめ

52 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ