編集部|ライフスタイル
01.Jul.2019

キャビア、トリュフと贅沢三昧のアフタヌーンティ♡スキンケアブランド「ラ・プレリー」とのコラボで登場!

こんにちは。with girlsエディターの島崎レイコです。

唐突ですが、「ラ・プレリー」というスキンケアブランド、皆さまはご存知でしょうか。
with世代だと、まだあまり耳にしたことがない、という方も多いかもしれません。

「ラ・プレリー」は、スイス・レマン湖畔のエイジングケアクリニックから生まれた、世界最高峰のスキンケアブランド。1978年の誕生以来、その圧倒的な品質を誇るスキンケアシリーズは、世界じゅうのセレブリティに愛され続けてきました。

チャールズ・チャップリンやドイツ出身のハリウッド女優 マレーネ・ディートリッヒなど、錚々たる面々を顧客に持つ名門クリニックから生まれたスキンケアブランド、と聞けば誰もがその製品を試してみたくなるもの。そんなラグジュアリーなスキンケアブランド「ラ・プレリー」が、このたび「ザ・リッツカールトン大阪」とのコラボレーションアフタヌーンティーを開催します。
pattern_1
もともと、「ザ・リッツ・カールトン大阪」のスパで「ラ・プレリー」の製品が使用されていることがきっかけとなって実現した今回のコラボレーション。スキンケアの世界観が、一体どのようなアフタヌーンティーセットに仕上げられているのか、お披露目前から期待が高まるばかり。
pattern_1
お披露目会には「ラ・プレリー」のスキンキャビアコレクションが揃った体験コーナーも。コスメ好きとしてはたまらない空間です。
pattern_1
いつもデパートのコスメフロアを訪れるたび、チラチラ横目に見ながらも、30代だしまだ早いかな、気にはなるけど冷やかしもなんだかな...と、足を踏み入れたことがなかった「ラ・プレリー」のカウンター。アラフォーになったらデビューしたいな、と前々から思っていたアイテムに、まさかこんな場所で触れることになるとは!と感慨深くなりながら「スキンキャビア ラックスクリーム」を手元でお試し。

ほんのり黄身がかったクリームを肌に伸ばすと、自然光を集めて跳ね返すような、しっとりとした艶めきが瞬時に手に入ります。こっくりと濃厚な香りはまさに、”デパートのコスメ売り場を満たすあの香り”そのもの。幼い頃に憧れた、大人の女の香りが漂うのです。エイジングケアを得意とするこちらのブランドは、年を重ねるからこそ味わえる、スキンケアの楽しみや奥深さを教えてくれる存在なのかもしれません。お値段おひとつ55,800円〜。京都市内の築浅ワンルーム家賃級...。

スキンケア放談はほどほどにして、本題のアフタヌーンティーへ参りましょう!

ザ・リッツ・カールトン大阪「ラ・プレリー アフタヌーンティー」

pattern_1

「ラ・プレリー アフタヌーンティー」5,200円(税・サ別)

pattern_1
1段目には、「ラ・プレリー」のブランドカラーであるネイビーに、キャビアのイエローを配したシトラスタルトなど3品が登場。
pattern_1
間近で見るとますます可愛い、ジュエリーのように煌めくフラワーゼリー。ちゅるんとした食感が夏らしさも感じさせます。
pattern_1
2段目には、フォアグラムースや、帽子のような洋梨クリームをふんわりと乗せた焼き菓子”ババ”などのスイーツ&セイボリーが4種。右奥のグラススイーツは、クリーミーなマスカルポーネに、すっきりとしたマスカットを重ねた2層仕立てのヴェリーヌ。スモークサーモンには「ラ・プレリー」のスキンケアアイテムにも用いられているキャビアを載せて、ラ・プレリーらしいアレンジとなっています。

実は今回のアフタヌーンティーセットのメニューを考案するにあたり、ペストリー担当者が自ら、ラ・プレリーの製品を体験されたのだそう。ブランドの持つ歴史、世界観、商品特徴、さらには実体験でのインスピレーションも合わせて、完成されたのがこの3段というわけです。
pattern_1
3段目には、赤いビーツ生地にトリュフをあしらったタルト、クリームチーズにドライフルーツを合わせたトーストのほか、スコーン2種が添えられ、しっかりとした食べ応えのあるボリューム感に。中でも、ビーツのタルトにはプリプリとした食感も楽しいラングスティーヌ(アカザエビ)がぎっしりと詰められ、口の中でトリュフの香りがふわっと漂う、幸せな一品。
 
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ