編集部|ライフスタイル
12.Oct.2019

【初心者でも分かる】20代にもおすすめの【ふるさと納税】をOLが実践&解説

こんにちは、エディターの佐藤なおみです。

10月になり、いよいよ消費税も10%に引き上げられました。

食品や飲料(お酒を含まない)などの税率は8%のままですが、日用品や外食は軒並み値上げ…

もちろん洋服や化粧品も増税対象なので、おしゃれもお出掛けも楽しみたいwithガールズ世代への打撃は意外と大きいですよね。

そんな負担を少しでも減らすため、節約・節税を始めてみてはいかがでしょうか!

そこで、わたしが今一番おすすめしたいのが「ふるさと納税」です。

pattern_1
わたしが住む山形ではこの季節、新鮮なフルーツが届きます!特に大粒「シャインマスカット」は甘くてパリッとした歯ごたえが堪りません。
名前だけは知っているけれど、始め方が分からない…

実際どれくらいお得なの…?

疑問はたくさんありますよね。今回はエディターのわたしが実際に実践してみました!

実質2000円で美味しいものが届く!ふるさと納税で賢く節約

ふるさと納税とは、自分を育ててくれた市区町村へ「寄附」という形で「納税」する国の制度です。

寄附金額の一部は所得税や住民税から控除されるので、実質の自己負担額はなんと2,000円。

また、金額に応じてそれぞれの自治体からは「返礼品」を貰うことが出来ます。

選べる返礼品は、食品やオリジナルグッズ、旅行券など種類はさまざま。

普通のネットショッピングなどでは、絶対に手に入らない逸品もたくさんあるんです。

さっそくスタート!

寄付する自治体は自分のふるさとに限らず、日本全国どこでも大丈夫!

以下のようなふるさと納税のウェブサイトにアクセスし、まず調べて欲しいのが「控除額」です。

ふるさと納税には限度額があり、年収や家族構成に応じてその額が決められています。

そこでシュミレーションを利用して、自分がいくらまで寄付出来るかを知ることから始めましょう。

実際に自治体・返礼品を調べましょう

次に、実際に寄付したい自治体を選んでみましょう。

こちら「ふるさとチョイス」には、なんと約1400もの自治体が掲載中!(※2019年10月現在)

興味のある自治体を直接検索してもOKですし、お肉やお魚など欲しい返礼品が決まっている方は、具体的なキーワードで絞ってから探すとスムーズです。

また、色々あって選べないという方は、季節に応じて『おすすめのお礼の品特集』などのページをチェックしてみてくださいね♪

エディターが実際に頼んでみました!

わたしが今回寄付したのは、こちらの2自治体!

北海道根室市
『紅鮭・時鮭・秋鮭』の5切×2P(計30切)
pattern_1
それぞれ5切ずつ真空パックされてるので、冷凍庫で保存可能。 朝ごはんにもお弁当にもちょうどよいサイズで、食べ比べもとても楽しみな返礼品でした。
佐賀県上峰町
佐賀産和牛切り落とし 1000g(500g×2パック)
pattern_1
全日本コンクール最優秀名誉賞なども受賞している上峰町が誇る和牛。 赤身と脂身がバランスよく入っています
pattern_1
早速「肉じゃが」と「韓国風スープ」にして頂きました。量もたくさん入っているので、大満足の返礼品です❤
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ