編集部|ライフスタイル
19.Jul.2019

コストコのおすすめ最新版! 日用品、パン、食品、お菓子など|アメリカなど海外でも入店可! 会員になる方法も解説

コストコの日用品、パン、食品、お菓子、雑貨など大人気のおすすめ商品を、アンケートと併せ一挙にご紹介! パーティーにも最適です。さらに、会員になる方法やコストコに行くときに持っていきたいものなども詳しく解説します。

【目次】

1.アメリカで誕生したコストコとは

コストコは会員制スーパーです

「コストコ」とは1976年にアメリカで誕生した会員制倉庫型店舗です。行くとわかりますが、スーパーマーケットのように商品を陳列しているというよりは、倉庫の中に色々な商品が置かれているという感じです。コストコは低価格ということが特徴的で、品質の良い商品を低価格で購入することができます。

コストコの特徴は会員制スーパーということです。会員制なのでお店に入るには会員になることが必要不可欠です。ではどのようにすればコストコの会員になれるのでしょうか。

2.コストコの会員になる方法【アメリカ、韓国など海外でも入店可】

コストコの会員には2つの種類があります。
・ビジネスメンバー(法人会員)
・ゴールドスターメンバー(個人会員)
「ビジネスメンバー」は法人が対象となるので、基本的に「ゴールドスターメンバー」が一般的な会員カードです。ゴールドスターメンバーはで無料家族カードも1枚作ることができます。全世界のコストコで使用することも可能なので、海外に行った際にコストコで買い物なんてことも可能です。会員カード一枚で主会員と同伴者2名まで(18歳未満のお子様は何人でもOK)コストコに入場することができます。

【会員費は?】

会員費(年会費)は以下のとおりです。
・ビジネスメンバー(法人会員)年会費3850円(税抜)
・ゴールドスターメンバー(個人会員)年会費4400円(税抜)
ゴールドスターメンバーは年会費4400円(税抜)と少し高いように感じるかもしれませんが、コストコのコストパフォーマンスを考えると、頻繁に利用すれば元が取れるのではないでしょうか。

【途中解約すると?!】

実は知られていないのが、コストコを途中解約すると年会費が全額返金されるという補償制度があります。とてもオトクな制度に思えますが、解約すると家族を含め、1年間再入会不可になってしまうのでしっかりと考えてから解約をしましょう。

【会員になる方法】

コストコの会員になるにはまずコストコの公式サイトにアクセスしてください。
その後、公式サイトにある会員登録フォームにて氏名・住所・電話番号などの個人情報を入力していきます。家族カードの有無もここでしっかりと登録しましょう。
登録手続きが完了すると申込番号が表示されるので、それをメモして、お近くの店舗のスタッフに伝え、カウンターで入会手続きを完了させましょう。入会時には身分証明書が必要です。また、証明写真の撮影もあるので注意しましょう。
公式サイトから事前登録する方法以外にコストコのカウンターで直接入会するという方法もあります。
次のページ>>「3.コストコに行くならこれを持っていこう!【小分けもできるように】」
90 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ