編集部|ライフスタイル
08.Aug.2019

【夏きもののすゝめ】オトナ女子が実践したい、ゆかたで「着物風コーデ」が今夏のトレンド!

こんにちは。with girlsエディター、高遠です。

ついに夏本番。
花火やお祭りなどのイベントに向け、ゆかたを用意した方も多いのではないでしょうか。

「ゆかたはちょっと気が引けるかも、学生時代はよく着てたけど今は似合うかどうか自信ない……」

というお悩みもちらほら聞くのですが、そんなことはありません!オトナ女子にこそ似合うゆかたの楽しみ方もあるんです。

そこで今回はゆかたを【夏きもの】らしく着こなす、オトナ女子ならではのコーディネート術をご紹介します♪カジュアル上品な和装姿は年齢に関係なくトライできる上、いつもと少し違う自分の魅力を発見できる絶好のチャンスです。

せっかくの夏。お気に入りのそのゆかた、イベント以外でもめいっぱい楽しみませんか?

そもそも【夏きもの】って何?

6月から9月のあいだに着用する、文字通り【夏の着物】です。薄物とも呼ばれています。かつては7~8月が主な着用期間でしたが、気候の変化や趣味嗜好の拡がりに伴い、徐々に6月や9月にも着用されるようになりました。
また通常の和服には所謂裏地のようなものがついていますが、夏の着物には裏地がなく、これを単衣、と言います。そして夏の和服は通常期のものと比べ素材も変化します。

それにより通常期の着物に比べ、ゆかたほどとは言わずとも涼しく着こなすことができるんです。
pattern_1
実際の夏きものの着用写真。帯も着物も非常に風通しがよいです。

用意するものはこちら!

通常のゆかたセット一式の他に必要なものは…

・半襟付きの肌襦袢

・足袋

・薄手の羽織 (なくてもOK)

以上三点のみ。しかも全て通販でも入手できるものばかりなんです!お好みで帯締め、帯飾りや夏らしいレトロな麦わら帽子などの小物をプラスしてあげても、とっても個性的かつキュートに仕上がります。

足袋や羽織についても今はレース地のものなども販売されており、with世代など若年層に向けたファッション性は確実に高まってきています!

また本来着物は肌襦袢(着物用の下着)の上に衿付きの長襦袢というものを着用しますが、厚着して暑さで体調を崩す訳にはいきませんので、今回は簡略化して【肌襦袢に半襟がついたもの】をオススメすることにしました♪通常の肌襦袢とほぼ同じお値段で購入できる優れものです。
pattern_1
今は浴衣や着物姿を更に華やかに彩ってくれたり、コーディネートバランスを整えてくれたりする小物も種類豊富です。なんと小物をハンドメイドで作っちゃう方もいるのだとか。
次のページ>>浴衣→夏着物風コーディネート Before After♪ちょっとの小物でこんなに変わる!  
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ