編集部|ライフスタイル
03.Mar.2020

おしゃれエリア奥渋谷のコーヒー通が訪れるお仕事カフェはインスタでも話題!

ごきげんよう♪
with girlsエディターほしのゆいです♡
近年、インスタでよく見かけるおしゃれエリアのひとつ【奥渋谷】。渋谷と原宿の奥、富ヶ谷の辺りです。そんな奥渋に2019年9月にオープンして以来、コーヒーファンがこぞって訪れるというコーヒーショップを発見。
その名も【Beasty Coffee(ビースティコーヒー)】。
オリジナルブレンドのコーヒー豆からの抽出を中心に、エスプレッソマシンやテスト焙煎機等の設備も導入、ワークショップなど実験的な試みも行う、新しい形のカフェです。

目を引くのは、カウンターにズラリと並ぶ、コーヒーメーカー。

このカフェをプロデュースしている「amadana」が手掛けたコーヒー器具たち。中には有名バリスタさんが監修したものや、インテリアとしてもおしゃれでカッコいいデザインにファンも多いのだとか!

注文後はバリスタさんが、一杯、一杯作ってくれます。コーヒー大好きな私、ほしのが実際にカフェに行ってきました!

【ココが違う】他にないこだわりのブレンド方式

都内にあるコーヒースタンドのほとんどが、「シングルオリジン」のものが多く、コーヒー豆の美味しさをそのままダイレクトに味わうことができるものが多いですが、ここBeasty Coffeeは、コーヒー豆の最上級ランクである、スペシャリティーコーヒー豆をシングルではなく、あえてブレンドするという形式を取った、他のお店にはあまりないコンセプトのコーヒースタンドになっています。
ここで味わえるコーヒーは、DARK・STANDARD・FRUITYの3種類。どのコーヒーもその日の気分やフードに合わせて選びたいもの。
pattern_1
初めて来店した人はスタンダードを選ぶ人が多く、常連さんは、気分に合わせてフルーティーなどの注文が増えているのだそう。

初めて行く人は3つのうちのどのテイストが合うのか悩んでしまうかと思いますが、店員さんがおすすめを詳しく教えてくれますよ。酸味や強いのが好みなのか、コクがある方が好きなのか、店員さんと一緒に選んでみるのも楽しいかもしれませんね。

【目の前で贅沢に】注文後に入れる一番美味しいコーヒー

どのテイストにするのかが決まったら注文を。そのあとは目の前でお店オリジナルのコーヒー器具を使って、一杯ずつ入れてくれます。
pattern_1

●DARK(ダーク)

深煎り特有の黒い艶は苦味の中に隠れた大人の甘さ。 とろりと溶かしたビターチョコをなめたように刺激的でクセになる味わい。カフェオレやアイスコ-ヒーに最も相性の良い組み合わせ。酸味がなく、コーヒー苦味とコクが引き立つコーヒー。
pattern_1

●STANDARD(スタンダード)

デイリーにお勧めの飲み飽きないソフトな口当たりは、適度な甘み・酸味・苦味が溶け合う絶妙なハーモニー。落ち着きのあるバランスを楽しめます。どんなシチュエーションにもフィット。
pattern_1

●FRUITY(フルーティー)

まるで花や果実のような複雑で甘みのある芳醇な香りは、口に運んだ瞬間から余韻まで濃厚な甘さを堪能できる華やかな味わい。気分を変えたいときや特別なときに、おすすめしたい一品。ダークと比べると香りが爽やか、また後味がスッキリで飲みやすい。ダークと比べるとその差は歴然。
pattern_1
次のページ>>【売切必至】絶対におさえたいコラボスイーツをご紹介♪
44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ