編集部|ライフスタイル
23.Mar.2019

【京都カフェ】インスタ映えバッチリ!体験型ドーナツファクトリー「koe donuts」がOPEN!

みなさん、こんにちは!京都在住の with girlsエディター島崎レイコです。

3/21、京都に話題のドーナツファクトリーがOPENしたのをご存知でしょうか? アパレルブランド「koe」が手がける、初のドーナツショップ「koe donuts」。インスタグラムやwebニュースでも話題となっているこの新店舗を、open前に内覧してきましたのでご紹介いたします。

工場併設型ドーナツファクトリー「koe donuts」

アパレルブランド「koe」が手がける初めてのドーナツファクトリー「koe donuts」が、3/21京都・新京極通りにオープンしました。
pattern_1
たくさんの竹かごが吊るされた天井が特徴的な内装は、著名な建築家・隈研吾氏によるデザイン。和風の工場という空間がとっても不思議なお店です。
pattern_1
ドーナツにも京都らしい和のテイストが満載。抹茶やごま、京人参など、日本らしい素材や製法にこだわったドーナツがずらり。有機グラニュー糖、京都美山産の美山牛乳、国産の米油、京都美山産の”美卵”など、ローカルかつ安心な食材にこだわって作り上げられた、オリジナリティあふれるドーナツのラインナップはこれぞドーナツ専門店!という多彩さ。
pattern_1
素材にとことんこだわったドーナツながら、そのお値段は1個200円からと買いやすい設定。ドーナツを包む紙もオリジナルのイラストが入ったかわいいものなので、おもたせ、おみやげにも喜ばれそうですね!

ここは工場!? ドーナツの出来上がりを目撃!

pattern_1
「koe donuts」の特徴は、”ファクトリー併設”というフレッシュでオープンな店舗づくりにもあります。まるでドーナツ工場の見学に来たかのような、業務用の大きなマシンが並ぶ空間。目の前でドーナツのデコレーションがほどこされ、できたてすぐのドーナツが次々と店頭に並ぶ様子を観察できます。店員さんのお揃いのウェアもなんだか工場らしくて可愛い!

テイクアウトもイートインもOK!

店頭に並んだたくさんのドーナツ。持ち帰りもOKですし、店内で食べることもできます。イートインスペースは広々としていてUSB充電口もついているので、仕事の合間にさくっとドーナツとコーヒーで休憩、という使い方もできそうです。
pattern_1
イートインメニューのいちおしは「ドーナツメルト ストロベリー」(850円+税)。ふわふわのドーナツ生地に、シロップをしゅわっとしみこませたら、ふわふわ軽いホイップといちごを大胆にサンド。和三盆のやさしい甘さがじんわりしみる、癒しのデザートメニューです。
pattern_1
ドーナツの穴の中にもクリームがたっぷり仕込まれています!見た目はとっても甘そうなスイーツですが、食べてびっくりの軽やかさ。フォークとナイフでスイーツのように味わってください。
pattern_1
こちらはフォトジェニックなタピオカドリンクにチーズムースを乗せた「チーズタピオカティー」(680円+税〜)。右の宇治抹茶のお茶部分はすっきり渋い本格派の抹茶。上に乗ったチーズムースや甘いタピオカとの混ぜ具合によって、様々な味わいが楽しめるドリンクです。

>>次ページ 広い店内はフォトジェニックすぎる空間!

41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ