編集部|ライフスタイル
01.Jul.2020

マッチングアプリのメッセでわかる!コロナ禍で「良い彼氏候補」を見極める3つのポイント

こんにちは!
東京都在住のwith girls STAR100「好きを仕事に」メンバー兼with girlsエディター、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。

新型コロナウイルスの影響で、恋愛の形にもぐぐっと変化がありました。
カップル間で自粛に対する考えが違ってケンカになったとか、同棲中のカップルが長時間一緒にいるために険悪になってしまったとか。
浮気・不倫関係の恋人同士が会いやすくなったという一方で、「万が一何かあれば大変だから」と全く会えなくなり、そのうちに気持ちが冷めたという方も多数。
もちろん、これまで以上にお互いの大切さを実感することができた、という声もありました。
コロナ禍のもとで、これまで見えなかった人間性が顕著になったようです。

近年、「出会いの場」として利用頻度の高いマッチングアプリにもコロナの影響が見られます。
今回は、マッチングアプリのメッセージから、「良い彼氏候補」を判断する3つのポイントをご紹介します。

1.自分の意見より先に相手に意見を聞いてくれる

pattern_1
コロナ禍において、「外出は自粛すべき」「禁止じゃなくて自粛だから、気を付けていれば外出しても問題ない」と、各人が様々な意見を持っています。
人間ですから、いろんな意見を持つのは当たり前です。

その中でも、「良い彼氏候補」となるのは、自分の意見より先にあなたの意見を聞いてくれる男性。
いくらいろんな意見があるとはいえ、先に「絶対に外出は自粛すべき」とか「完全に自粛してる人ってバカみたい」などと強い意見を言われたら、「私はちょっと違うけど……」と言い出しづらいですよね。
これは、コロナ禍以外の日常でも同じことが言えます。
ですから、たとえば「会いたいね」という話になったとき、「〇〇ちゃんは、最近外出してる?」などと動向を気遣ってくれる人なら、交際後も思いやりを持って接してくれるはずです。

2.自分と違う考えの人を真っ向から批判しない

pattern_1
前述しましたが、人によって「当たり前だと思うこと」は違います。
人間ですから、どんな考えを持つことも自由。だからこそ、自分と違う考えの人を真っ向から批判しないことが大事です。

マッチングアプリのメッセージの中で、「自分はこういう立場だけど、〇〇という考えの人はこんな風に考えてるのかな」など、自分と違う考えの人を決めつけて批判するのではなく、相手の立場に立ってその考えを読み解こうとする人は、「良い彼氏候補」。
今後、交際することになった場合も、意見が対立することがあっても、2人でしっかり話し合い、互いに歩み寄れるカップルになれると思います。

3.プラス面にフォーカスできる

pattern_1
コロナ禍のなか、どうしても「コロナの話題」になりがちです。
ですから、この状況の中で、日々どんなことを考えて過ごしていたのかということがメッセージの中に出やすいもの。

「経済的に不安」
「緊急事態宣言が明けたら、全員出社になって辛い」
「自粛中、毎日つまらなかった」

何度も言いますが、そう思うのは自由です。
不安な気持ち、つまらない気持ち、マイナスな感情があふれた人は多いと思います。でも、だからこそ、マイナスな部分だけではなく、プラス面にもフォーカスできるのが「良い彼氏候補」。

「大変だけど、普通がありがたいって実感できた」
「働けることに感謝できた」
「やらなかったことを始める良い機会にしようと思えた」

こんな風に、マイナスなことだけではなくプラス面にフォーカスできる人なら、交際後、2人に問題が起きても一緒に乗り越えていく方法を探し、前向きに進んでいけるカップルになれるはずです。

もちろん、自分にとっても大事なこと!

今回は、「良い彼氏候補」の判断ポイントとして特徴を挙げましたが、これは自分にとっても必要なこと。
こんな風に相手を思いやったり、前向きな気持ちを持つのが上手な人なら、男女問わず、好かれます。
ぜひ、相手がどうか、ということだけでなく、「自分もできてるかな?」をこの機会に振り返ってみてください。
14 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ