編集部|ライフスタイル

【サッカーW杯】銀座で日本代表vsアメリカ代表試合を観戦! “パブリックビューイング”が楽しすぎた! 

取材協力/公益財団法人日本サッカー協会

こんにちは! 
withLab STAR100 & 公式エディターの木林綾音(@ayanen_n​)です。

サッカーワールドカップ開幕まで残り60日を切りましたね!
そんな中、9/23(金)にドイツのデュッセルドルフ・アレーナで、日本代表とアメリカ代表の国際親善試合が行われ、都内で開催されたパブリックビューイングにお邪魔して来ました。
pattern_1
試合前後にもイベントがあり、とっても楽しめたパブリックビューイングの様子をお届けします。

これを読めばあなたも、サムライブルー応援団の仲間入り! 
11月のワールドカップの日程・対戦相手も紹介していきますね。 

会場が素敵! 観客席はなんと人工芝の上

今回お邪魔したのは、スポンサーのKDDIが運営する「GINZA 456会場」のイベントフロア。

建物に入ると、お洒落なフォトスポットが! 
GINZA 456会場では、普段から5Gや先端テクノロジーを活用した体験型のイベントが行われているそう。
pattern_1
歴代の日本代表ユニフォームがズラリと飾られる中、一際輝いて見えたのが、こちらの新ユニフォーム! 

コンセプトはORIGAMIだそう。はじめて日本でワールドカップが開催された2002年、中学生の頃にクラス皆んなで、日本代表に届ける鶴を折っていたのを思い出します。

新ユニフォームは、この日のアメリカ戦で初めて着用されました。
pattern_1
いよいよ会場へ。
イベントスペースにつながる階段を抜けると……

なんと床一面人工芝! 

そして選手にめちゃくちゃ見られているではありませんか……(勝手な思い違い)。
pattern_1
てっきりパイプ椅子にでも座るものだと思っていたら、芝の上でのピクニックスタイル。
私達も腰を下ろしてイベント開始を待ちます。
pattern_1
次のページ>>豪華ゲストが登場。あの日本代表OBも! 
55 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ