編集部|ライフスタイル
12.May.2019

今流行りのPVC素材や新作化粧水で好感度UP!“透明感”を求める女子が急増中

もう詐欺メイクやフェイクニュースに踊らされるのは懲りごり。嘘偽りのない、〝クリア〞なモノゴトに囲まれた生活を送りたい……。そんな新時代のニーズに応えるトピックスを紹介します!
取材にご協力いただいた方々
イガリシノブさん(ヘア&メイクアップアーティスト)、三好さやかさん(「VOCE」ウェブサイト編集長)

透明、スケスケで、ありのまま

大幅な給料アップが期待できない時代だからこそ、「お金の使い道」はセンスの見せ所。近頃は商品のコストや原価を公開した通販サイトや、活動量計のデータを使って運動量によって料金が変動する保険が台頭。対価に見合うサービスを見極めやすくなっている。内情を包み隠さず“透明感”をアピールすべきなのは、女子のビジュアルも一緒かも。

「肌の“白さ”よりも“透明感”を追い求める女子が増えていますが、平成で流行ったアッシュ系のヘアカラーは肌の色がくすんで見えがち。やっぱり、髪の色が綺麗だと肌も綺麗に見えるもの。今後はもっと発色の良い色に染める女子が増えると思うし、街の印象も明るくしてくれるのではないでしょうか」(イガリさん)

お金で買える好感度=透明感

「美白成分の研究が進み、シミやくすみのない透明感が溢れる肌を目指せる商品が増えました。ますます大人女子が輝ける時代に!」(三好さん)。

「小学生がYouTubeを見てメイクや美容法を研究している時代ですし、20代前半から当たり前のように目尻のシワを気にする女性も増えました。今後も日本人の美意識がどんどん底上げされていくと思います」(イガリさん)

大流行中のPVC素材♡

pattern_1
CHANEL 2019 SS
PHOTO:IMAXtree/AFLO

10年ぶりに新成分が承認。美白がまた進化する?

pattern_1
国内最高峰の美白ブランドから待望の新作化粧水「ホワイトショット LX」が登場。約10年ぶりに承認された新たな美白有効成分を配合。¥11000/ポーラ

脱アッシュの明るい髪色が街も肌も明るくする

pattern_1
with 5月号より
実年齢より大人に見られがちな女子も、明るいトーンの髪色やメイクを選べば華やかな印象に。お肌の透明感も際立って、街で目を引く存在になれそう。


ヘアカラーも肌も“透明感”が流行っていますよね。美意識を底上げして輝く大人女子を目指していきましょう♪

取材・文/浅原聡

 
17 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ