編集部|ライフスタイル
14.Jan.2018

【girlsエディター発】スイーツからジンギスカンまで 冬こそ楽しむ北海道!

 こんにちは山形県在住girlsエディターのなおみです。
 
 わたしが住む山形はとても冬が長く、朝起きるとまずは雪掻き...という日が珍しくありません。
 
 だけど冬は空気もきれいで、食べ物もおいしい素敵な季節なんですよね。
 
 ということで白鳥のごとく北へ北へ...今回は北海道の旅行についてレポさせて頂きます。

北海道といえばジンギスカン!

pattern_1
 先日スープカレーもご紹介させて頂きましたが、北海道といえばそう「ジンギスカン」ですよね。
 
札幌市内だけでもかなり店舗数があるのですが、ここは敢えてグルメサイトやナビを使わず、感だけを頼りに歩いてみました。
 
 見てください、繁華街「ススキノ」の目映いばかりの夜。
 
 そして辿り着いた先がここ「めんよう亭」さんです。
pattern_1
席に着くと、真っ赤なカウンターにさっそく火鉢が置かれます。牛脂をたっぷり付けて、まずはお野菜から。
 
 にんにくの効いたタレが食欲をそそり、あっという間に1人前をペロリと食べちゃいました。
 
 とっても味のある店内で、常時お肉から出る煙がもくもくと上がっていますが、女性の皆さん安心してください。
 
 荷物やアウターなどは、入店の際に大きな袋を頂けるのでそれに入れてしまえば匂いも移りません。

pattern_1

 【めんよう亭 五条店】
 北海道 札幌市中央区 南5条西4丁目
 すすきの駅(市電)から189m
 011-512-9722
 17:30~翌3:00(日曜営業)



 札幌から小樽へ

pattern_1

 せっかく北海道に来たのだから、と札幌市内から少し足を伸ばしてみようと思い2日目は小樽へ。
 
 ご存知の通り、北海道はでっかいどう。行ってみたい場所はたくさんあっても、結構距離があるんですよね。
 
 しかし小樽市は、札幌から電車で40分ほどとアクセスも良いのです。

 素敵な朝さんぽ

pattern_1

 小樽駅は街を見渡す丘の上に立っており、海も見えるその眺望は見事。
 
 運河沿いを歩いてみると、朝日を浴びて水面がきらきらと光り、散歩にはぴったりですね。
 
 そして駅には何と市場も隣接しています。活気のある雰囲気を味わいながら、地元産の海鮮丼で贅沢な朝ごはんを食べることも出来ます。

趣のある街並みはインスタ映えバッチリ!

pattern_1

 ここ小樽はかつて物流の拠点としても知られ、金融機関や商社が軒を連ねた経済都市として栄えた街でした。

 そのため「北のウォール街」と呼ばれた日本銀行旧小樽支店など趣のある建物が街中に残されています。
 
 歩いているだけで、昭和にタイムスリップしたかのような雰囲気が味わえますよ。

45 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ