編集部|ライフスタイル
16.Mar.2019

今週末が見頃!【群馬】が誇る10万本の梅林が開花のピーク!

こんにちは。岡山県出身、温泉大国・群馬県在住の”with girls エディター”の矢野詩織です。今日は、群馬でおすすめしたい春のお出かけスポット、天空の梅祭り「第32回みさと梅まつり」をご紹介します。

実は群馬は梅の特産地!三大梅林を紹介

梅と言えば、紀州の梅として知られる和歌山県を思い浮かべる方が多いはず。私もそう思っていたのですが、実は和歌山県に次いで全国2位の生産量を誇るのが群馬県なんです。群馬県には三大梅林と呼ばれる梅の名所(安中市の「秋間梅林」、高崎市の「榛名梅林」、「箕郷梅林」)があります。
pattern_1
ご紹介する箕郷梅林は、300万平方メートルの敷地に約10万本の梅が植えられている広大な生産地になっています。加工用の白梅が植えられているので、梅が咲く光景を丘の上から眺めると、まるでそこが雲海のように見えることから絶景が見られる「天空の梅祭り」として知られています。また、梅園には、樹齢100年を越える老木もあり、その枝振りも多くの観光客を魅了する一つです。

天空の梅祭り「第32回みさと梅まつり」へ

pattern_1
高崎市内を一望する丘陵に、約10万本の梅の花が咲き誇る、天空の梅祭り「第32回みさと梅まつり」。3月下旬まで開催されます。私が訪れた3月6日あたりは、七分咲きくらいでした。ちょうど、3月16日・17日の週末あたりが開花のピークを迎えそうです。満開の梅園は、息を呑む美しさでインスタ映えも抜群!カメラ好きな女子は、写真を撮るもの楽しめそうです。
pattern_1
また、期間中は、梅見茶会や餅つき、地元特産物の販売が行われ、梅ジュースや地元のローカルフードも味わえます。車で訪れると駐車場利用者のみに梅干しのプレゼントもありました。さらにぐんま三大梅林と周辺ラリーポイントを巡ってスタンプを集めると、抽選ですてきな賞品をプレゼントするキャンペーンも実施されています。一足早い春の訪れを感じる「第32回みさと梅まつり」。ぜひ、週末はドライブしながら、箕郷梅林を訪れてみては。
13 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ