編集部|ライフスタイル
03.Oct.2020

【関西スイーツ】ハロウィンスイーツブッフェをプレートでサーブ!映え写真が撮りやすい!!「ANAクラウンプラザホテル大阪」

大阪在住with girls エディター、どうも旅猿69(タビザルロック)です。
関西の各ホテルでは、続々とハロウィンスイーツが登場しています!

今回は「ANAクラウンプラザホテル大阪」のスイーツオーダーブッフェへ行ってきました。
会場となる1階の「カフェ・イン・ザ・パーク」の入り口には、ハロウィンらしい装飾が施されていました。
pattern_1

ちょっと珍しいスタイルのスイーツオーダーブッフェ

pattern_1
スイーツオーダーブッフェですので、自分でスイーツを取りに行く必要はありません。席まで運んできてくださいます。

そして最初はオーダーする必要がありません。全種類のスイーツとセイヴォリーを3つのプレートにわけて運んできてくれます。
このシステムはあまり見かけない気がします。全種類いただいたあと、気に入ったものを好きなだけ注文することができます。
pattern_1
まずはウェルカムスイーツとして、目玉ゼリーが運ばれてきました。目玉モチーフのスイーツは最近どこのホテルでもよく見かけますが、どの目玉よりもリアルでした。ちょっとつやっとしているこの目玉はカルピスゼリーです。

1皿目:スイーツ

pattern_1
1皿目に運ばれてきたデザートプレート。盛り付けがとってもかわいい!
自分で取ってくるスタイルのブッフェでは、なかなかこんなにきれいに盛り付けできません。
pattern_1
竹炭入りのスポンジケーキ&カボチャクリームの「ブラックロールケーキ」からは、「ひゃー!」っと声が聞こえてきそう!(写真手前)。

バタフライチョコがトッピングされているのは「墓場のチョコレートケーキ」(写真左)。

「紫芋モンブラン」は、紫芋のクリームがおいしくてこのサイズ感では小さすぎるくらい(写真右)。 
pattern_1
「ストロベリーショートケーキ」は苺がのっているのが定番ですが、ハロウィンらしく蜘蛛の巣チョコがのっていました(写真左)。

真っ黒たまご型の器に入っているのは「洋梨とキャラメルのムース」(写真中央)。キャラメルがほろ苦いムースです。

目玉がポイントの「ハロウィンカップケーキ」(写真右上)。水色のクリームの正体はラムネです。

2皿目:セイボリー

pattern_1
1皿目を食べ終わると、2皿目が運ばれてきました。こちらはセイボリーの盛り合わせです。
お皿の中央にある「悪魔のスティックサラダ」には、注射器が!注射器にはスイートチリソースが入っていました。
pattern_1
舌が長いモンスターは「ハロウィンバーガー」。目の部分がピクルスになっています。

「黒いサンドイッチ」には、生ハムがのっていました。
pattern_1
「歯形カプレーゼ」は、唇をトマト、歯をチーズで表現。歯がすごくリアル! おそるおそるいただきましたが、グロカワな見た目とは裏腹に、とてもおいしい!

「デビルドエッグ」は、血走った目玉のよう。血管のような赤い模様は、紫キャベツで色をつけているそうです。
次のページ>>次のお皿はスイーツ!  
42 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ