withonlineロゴ
  • 共働きwith
  • ライフスタイル
  • 魔の結婚3年目!?倦怠期を乗り越えるために意識していること。いつまでもラブラブな関係を保つには?
編集部|ライフスタイル

魔の結婚3年目!?倦怠期を乗り越えるために意識していること。いつまでもラブラブな関係を保つには?

人間関係
こんにちは、withlabエディターのAOHAです。

結婚は3年目がひとつの節目だと聞いたことはありませんか? 結婚して最初の1〜2年は新しい生活の全てが新鮮で、新婚ほやほやの気持ちが続くもの。その一方、だんだんと力も抜けてきて、少しずつ溜まってきていた小さな不満が表面化しやすくなるのが3年目からだと言われています。

厚生労働省のデータによると離婚率が最も高いのは「同居5年未満」のカップルなんです!
私も今年で結婚3年目!! 試行錯誤を繰り返しながら、パートナーと良い関係でいるために様々な工夫をするよう心がけています。特に、良い意味でも悪い意味でも夫婦生活に力が抜けてくる3年目以降は、カップルの関係やあり方を日々見つめ直していくことが大切だと思っているからです。
pattern_1
だんだんと相手の嫌なところが見えてきて、少しずつ不満が溜まっていき、文句や喧嘩が増えていく。すると彼は家が居心地悪くなって帰って来なくなる、それに対してまた喧嘩が始まる……なんて負のスパイラルが起こらないようにしていきたいですよね。
やっぱり大好きで結婚した人とはいつまでも仲良くラブラブでいたいもの。今回は、そんな良い関係を保つために心がけているポイントをご紹介します!

【ポイント①:女性としての意識を忘れない♡】

これは結婚をする前から絶対に守ろうと決めていたこと! 一緒に過ごす生活が続いていくと、良くも悪くも、だんだんと緊張感がなくなってくるもの。それでも、女性は「相手に見せない部分を残しておくこと」こそが魅力に繋がっていくと思うんです。
部屋の中ではジャージで過ごしながらテレビを見て、会社や近所付き合いの愚痴を言いまくって、挙げ句の果てに、下着姿で平気で部屋をウロウロ……なんて姿を見ていたら、だんだんと女性として見られなくなってしまうのは当たり前。

彼にはいつまでも女性として接して欲しいからこそ、「彼の前では下着姿や肌のお手入れをしている姿はなるべく見せない」「家では可愛い部屋着やネグリジェで過ごす(スエットやジャージは着ない)」「美容やファッションなどの自分磨きをする」といったことを大切にしています。
 

【ポイント②:可愛げのある女性でいる♡】

最近は結婚をしても、子どもが生まれても、仕事を続ける女性が増えてきました。私自身も普段は会社勤めをしているのですが、社会人歴が長くなるにつれて、会社で求められる役割も大きくなってきています。

ただし、社会で仕事をしていく上では、女性の得意とする「気遣い」や「コミュニケーション力」などに加えて、どうしても「決断力」や「分析力」、「突破力」などの男性らしい性質が求められます。バリバリと仕事をする上では、こう言った男性らしい性質を出していくのも大切です。ただし、そういった性質を家にまで持ち込まないように気を付けています。
pattern_1
家でも職場のテンションのままに、バリバリと家の家事や予定を切り盛りをしてしまうと、休まる暇が無いだけでなく、家では腰が重い旦那さんにイライラしてしまうこともあるかもしれません。

でも、「家に男性は2人もいらない」んです。家では、仕事スイッチを切って「女性らしい柔らかさ」や「守ってもらうこと」、「感受性」などを大切にして、可愛げのある女性でいることで、パートナーは逆に、より男らしい頼りがいのある男性になってくれると感じています。

【ポイント③:「ふたりで関係を育てていくこと」を意識する♡】

彼がどんなにイライラさせるような行動をとっても(何度言っても出したものを片付けない、掃除をしてくれない……などなど!)、まずは「彼は決して私を怒らせたり、傷つけようと思ってやっている訳ではない」という前提に立つようにしています。

これまで全く違うライフスタイルで生きてきた他人同士が、一緒に生活をするのだから、価値観がぶつかり合ったり、意見が異なるのは当たり前! 何か彼への不満が出て来た時には、頭ごなしに批判をしたり、喧嘩腰になるのではなく、自分の正直な気持ちを丁寧に伝えるように心がけています。
pattern_1
いきなり攻撃をしてしまうと、相手が構えて(自分を守ろうと)反撃してしまうのが人間の心理。ただ、「今の出来事に対して私はちょっと辛い気持ちになっちゃったんだ。○○くんはどうかな?2人が気持ちよく過ごせるようにどうやって解決していくのが良いかな?」と話し合っていくのが大切。

それが相手への思いやりであり、2人の関係を「育てていく♡」ということなんだと思うんです。彼を信頼して正直な気持ちを上手に伝えれば、きっと彼はどうしたら良いか一緒に考えてくれるはずです。

魔の結婚3年目を乗り越えて、いつまでもラブラブに♡

どんなカップルであっても、ぶつかり合ったり、問題が生まれてしまったりするもの。それでも、女性らしさや相手への思いやりを持ち続けることが、いつでも良い関係でいる最も大切なことだと思います。
人の肌が触れることでリラックス効果が生まれると言いますが、ちょっとしたボディタッチ(マッサージをしてあげたり、手を繋いだり)ということも効果的だと思っています!
今回は私が日々実践していることをご紹介しましたが、皆さんはパートナーと良い関係を続けるためにどんなことを意識していますか? 少しでも皆さんの結婚生活の参考になれば嬉しいです。
22 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS

  • 共働きwith
  • ライフスタイル
  • 魔の結婚3年目!?倦怠期を乗り越えるために意識していること。いつまでもラブラブな関係を保つには?