ライフスタイル
わんにゃん推し部

(動画あり)愛おしい光景ってこういうこと♡ 兄弟のように仲良しな男の子と猫のハッピーライフ【わんにゃん推し部 第50回】

癒やしが欲しい今日この頃、「推し」がいたら日々が潤いますよね? そして、その「推し」が、モフモフで激かわだったら、毎日が極上に♡  可愛すぎるわんこやにゃんこのあんな姿やこんな姿を紹介する大好評連載、その名も《わんにゃん推し部》! 一緒に週2で推し活を始めてみませんか?

インスタグラム&アメーバブログで絶大な人気を誇る、7歳の男の子たいくんと猫のコスモスの日常を綴った投稿。まるで本当の兄弟のように仲睦まじいふたりの姿は、見ているだけで温かい気持ちに♡ ミルクボランティアで迎え入れたものの、縁あって大切な家族の一員となった弟分の“すてきなところ”を、飼い主さんとたいくんにたっぷりと紹介してもらいました。

出会った日から今も変わらず、いつも一緒のたいくんとコスモス

pattern_1
↑時折たいくんが昼寝をすると、すかさず駆け寄って添い寝するコスモス。ふたりが小さい頃から変わらない、幸せな日常のワンシーン。
名前   コスモス ♂

年齢  3歳

サイズ 8kg
pattern_1
↑きれいなマスカット色のお目目が魅力的なハンサムにゃんこ。額には飼い主さんのイニシャル“M”の模様が♡
pattern_1
↑「8kgもありますが、太っているわけではないのです……骨格からして大きい子なんです(笑)」と飼い主さん。びよ〜んとMAXに伸びた長さは、縦に並べたティッシュ箱4個分もあるんだとか!
種類 
MIXです。ストリート出身なので、どんな系統の子が混ざっているかはわかりません。

出会い 
動物愛護センターのミルクボランティア(保護された哺乳が必要な子猫を一時的に自宅で預かる制度)で、最初に預かった子がコスモスでした。本来、ある程度まで育てたらセンターにお返しするのですが、お腹の調子がずっと悪く、頻繁な投薬が必要な状態が続き、中々お返しすることができず。そのうち私たちも離れがたい気持ちになってしまい、そのまま家族になってもらう運びとなりました。コスモスを迎えてしまうと、他の預かり猫と完全隔離できる部屋が我が家にはなく、ボランティアとしての資格がなくなってしまうので、悩みに悩んだ決断でしたが、この子との出会いを大切にしたことは今でも後悔していません。
次のページ>>家に迎え入れたばかりの子猫期のコスモス
70 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ