編集部|ライフスタイル
17.Oct.2019

生理痛の対処法は? セルフケアや薬、原因について産婦人科医が解説

毎月来る、あのイヤ~な生理痛の悩みを抱えている女性は意外と多いと思いますが、仕事に恋愛にと忙しい毎日の中で、ついつい後回しにしていませんでしょうか?ちょっとした不調が、実は大きな病気のサインかもしれないんです。そこで今回は生理痛の悩みや対処方法について、イーク表参道の副院長で産婦人科医の高尾美穂先生に教えてもらいました!女性のカラダに起こるトラブルについて、その原因や対処法をしっかり知っておきましょう。

目次

1. 生理痛の原因ってなんですか?

pattern_1
つらい症状があっても誰にも言えないのが生理痛!日常生活に支障が出るほどの生理痛を「月経困難症」と呼びますが、意外とほっておいている人も多いのでは?そこで女性のお悩み相談にたくさんのってきた、産婦人科医の高尾美穂先生に「生理痛の原因」について教えてもらいました!

「卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンがバランスよく周期的に分泌されることで、女性の生理は規則正しいリズムを刻みます。このホルモン分泌が乱れると、生理の周期や経血量などに大きな影響を及ぼします。とくにwith世代は子宮と腟をつなぐ子宮頸管(=子宮の出口)が硬くて狭いため、生理の際に血液がスムーズに流れず、痛みが生じやすい。さらに、子宮を収縮させるための物質が血管まで収縮させることで、下痢や吐き気、頭痛などの症状が起きるんです。生理のさまざまなトラブルには、このように病気が原因とは言えない場合もありますが、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が隠れている場合もあります。とくに、生理痛が非常に強くなったり、経血量が極端に増えたりしたときは、病状が悪化している場合も多いので注意が必要です」

痛みがピークの時は、自分に無理をせず、なるべく安静に過ごしましょう。それでも日常生活に支障をきたすほど痛みが強かったり長引いたりするときは、早めに病院へ!
pattern_1
高尾美穂先生
イーク表参道副院長。医学博士・産婦人科医。ベリーショートがよく似合う高尾先生はプロアスリートへのメディカルケアや、ヨガ指導者としても活躍。
http://www.ihc.or.jp/
引用元:with 2016年11月号
次のページ>>2.生理痛を和らげるためには? おすすめの対処法&セルフケア
65 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ