編集部|ライフスタイル

【おすすめ映画4選】ネトフリ、アマプラで見られる!“アクション系”洋画をご紹介!!

こんにちは、withLab STAR100/エディターのmoneです。

長引くおうち時間、ご自宅で映画を観るようになった方も多いのではないでしょうか?
たくさんありすぎて、何を選べば良いのかわからない。そんな方に、毎日欠かさず映画を観る筆者がおすすめの映画を4つご紹介!

バトルフロント(2013)

pattern_1
『ワイルドスピード』などをはじめとするアクション映画に多数出演しているジェイソン・ステイサムが主演している作品。この方が出ている映画は、折り紙付きと言っても良いほど面白い作品が多いです。犯罪小説を映画化したという作品は、静かで落ち着いた暮らしを求めて田舎に引っ越してきた元麻薬潜入捜査官である主人公の物語。
新しい生活に溶け込んでいこうとする中で、思いがけず再び麻薬組織との抗争に巻き込まれしまうストーリーなんです。アクションシーンも臨場感があり、ドキドキとハラハラが止まらない。こんなカッコ良いお父さんが欲しい! そう思える映画です。

アイランド(2005)

pattern_1
筆者の思う隠れた名作! 大好きな映画です。
大気汚染が広がり滅びたあとの世界での「生き残り」が暮らす施設が舞台。住民の夢は、施設で毎日行われる抽選で選ばれて、少人数の選ばれし者しか行くことのできない最高の楽園(アイランド)に行くこと。
主人公は、生物が滅びていると聞かされていた外の世界に生き物がいると知り、施設の外の世界へと脱出しようとする物語。
驚きの結末や想像しえない設定など、展開が早く非常に面白い作品です。

マラヴィータ(2013)

pattern_1
映画『タクシードライバー』や『グッドフェローズ』のマーティン・スコセッシが製作総指揮、ロバート・デ・ニーロが主演、『レオン』のリュック・ベッソンがメガホンを取った作品。
アメリカからフランスへと引っ越してきた元マフィアの一家が主人公。FBIの証人保護プログラムにより、アメリカからフランス・ノルマンディー地方の田舎町に移り住み、名前も職業も変え町に溶け込もうと努力する……。
正体がバレないように、見つからないように常に心がけて過ごす一家ですが、近づいてくるマフィアの追手にハラハラする映画。
豪華な出演キャストはもちろん、笑いあり、涙あり、家族でもカップルでも友人とも楽しむことができる万能な作品。

キングスマン(2014)

pattern_1
本年新作も期待されているシリーズ映画『キングスマン』。世界最強のスパイ機関である「キングスマン」が人類抹殺計画のテロを阻止しようとする物語。ヒューマンドラマもあり、アクションもあり、ユーモアに富んだスパイアクション映画。3作品とまだシリーズ作品数も多くないことから、今からでもキャッチアップしやすいんです。
イギリスの街並みをみているだけで旅行気分を味わえることや、最新のスパイ道具やロボットで家にいながらにして非日常を感じることができる作品です。
いかがでしたでしょうか?
毎晩映画を見る筆者がこの期間におすすめする、気分も明るく元気になれる、そんな作品4選でした!
是非観てみてくださいね。
 
17 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ