ライフスタイル
恋に効くエンタメニュース

SHINeeがドームツアー『SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~』の最終公演を東京ドームで開催!

それでもまだまだ勢いは止まらず、ニューアレンジで披露された「君のせいで」はさらにボルテージが上昇! 大量のレーザーが交差する中で始まった本編ラストソング「LUCIFER」も火柱が上がるステージで迫力十分に魅せ、最後のフレーズは会場全体で歌唱。それがピシッと揃って終わった瞬間は、鳥肌が立つような興奮があった。

溢れんばかりのアンコールにはピースな曲を客席とともに大合唱

pattern_1
即座に始まった「SHINee!」コールを受け、メンバーは再びステージに登場。アンコールは「Sing Your Song」をピースなムードで合唱し、客席にマイクを向けながら笑顔で煽るメンバーも。そしてテミンが「次の曲は僕たちSHINee全員で歌った新曲です」と紹介し、ジョンヒョンの歌声が入った新曲「Every Time」を披露。ドラマティックなメロディーラインは大人っぽさとオシャレさも感じられ、彼らの今までにはなかった魅力が全開! 
そして、記念すべきデビュー曲「Replay~君は僕のeverything~」のイントロがここでかかると、割れんばかりの「SHINee! SHINee!」コールが。ファンも全力で盛り上げようとするその熱量は、メンバーも心強かったことだろう。

目の前に広がるのはメンバーも信じられない光景

pattern_1
そして……次の瞬間、SHINeeの目の前に信じられない光景が。ファンのサプライズで、ドームのスタンド席いっぱいに“FOREVER SHINee”の文字が浮かび、オンユは「泣きそう」、ミンホは「“SHINee WORLD”もFOREVER!」と笑って見せる。

メンバー1人ひとりが語るそれぞれの想い、それぞれの決意

pattern_1
オンユ「いつものように、今日も一緒にステージを作ってくれてみなさんありがとうございます。僕たちとみなさんは同じことを感じて、(このライブを)共感できたと思います。これからもみなさんの幸せのために、僕たちは歌い、祈ります」
テミン「今まで、僕たちとみなさんで作ってきた想い出がよみがえってきてほんとに幸せでした。今日は、みなさんいろんな気持ちがたくさんあったと思いますが、悲しい思いも、楽しい思いも、絶対忘れない想い出にしてくれますか。これからはまた幕を開けて、もっと絆が固くなったSHINeeとして、そしてテミンとして歩んでいきます。見守ってください!」
ミンホ「僕は、いつでもみなさんの力になれる強さがあると思っていましたが、その強さが正解ではないと気づきました。これからは、みなさんにもっと頼りながら、より近い存在になれるようにがんばります。このステージだけではなく、これからのステージも、いつでも5人で立ってるという気持ちで臨みます。そして、みなさん、ひとつだけ約束してほしいです。永遠に、永遠に、ジョンヒョンさんを忘れないでほしいです。どんな言葉でも表現できないけど、大切で大好きだったと言ってあげたいです。いつも、みなさんが僕の希望です。この希望が消えないように、僕は努力をしていきます!」
キー「今日ベストライブとして、デビューから10年間の思い出を、みなさんと一緒に歌いながら踊りながら思い出すことができたと思いますし、これからも活動していくSHINeeの姿も想像できたと思います。一緒に歌ってくれて踊ってくれてほんとにありがとうございます。このライブのタイトル、『FROM NOW ON』の意味と同じく、これからもがんばりたいですし見守ってくれたらうれしいです。あと今日のライブでジョンヒョンくんと一緒に歌うことができてすごくうれしかったです。皆さん、SHINeeは永遠に5人なので、ジョンくんを絶対に忘れないでください。」

鳴りやまないダブルアンコール、響きだすオルゴールのメロディ。そして新曲のバラードを披露

pattern_1
ライブはダブルアンコールまで声援が鳴りやまず、最後の最後は再びジョンヒョンの歌声が入った新曲のバラード「From Now On」を。オルゴールのメロディが響き、ステージに5本のスタンドマイクが並ぶと、センターポジションだけが不在……。
もちろんそこはジョンヒョンの立ち位置。ジョンヒョンのパートでセンターマイクがスポットライトに照らされると、涙をこらえきれないファンも多くいたが、それはメンバーも同じ。だが最後まで全員が気丈にしっかりと歌い上げ、紛れもなく“5人”で歌ったステージを無事完遂。最後は胸元の赤いバラをそっとマイクに置いてステージを後にした。

耐えがたい経験を乗り越え、前へと進んでいく強い決意を感じた圧巻のステージ

経験した者しかわからない、想像を絶するような想いを抱えてもなお今回のステージに立つことを決意したSHINee。そして、メンバーが見せてくれた新たなステージは、万雷の拍手を送りたくなるほど素晴らしいものだった。さまざまな想いをファンと共有し、共に前へ向かって進んでいくことを胸に誓った一夜。それはこの日会場にいた全ての人にとって、かけがえのない時間だったに違いない。
46 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ