ライフスタイル
恋に効くエンタメニュース
03.Nov.2019

嵐「結成20周年」記念すべき日にファンへの嬉しい報せ!記者会見全文レポート

with本誌でも、たびたび表紙を飾っていただいてきた嵐のみなさん。
記念すべき結成20周年となる本日・11月3日に、今後の活動についての会見を行いました。会見の一部はYouTubeの公式チャンネルでLIVE配信が行われ、5つのSNSアカウントの開設やアジア4都市をまわる「JET STORM」という企画、現在開催中のツアーのファイナル公演のライブビューイングに新曲の発表など、嬉しいお知らせがたくさん!
会見の全文とともに、詳細をご紹介します!!

「結成20周年」記念すべき日にファンへの嬉しい報せ!

pattern_1
櫻井 本日はお忙しいなか、そして連休の中日に記者のみなさんにお集まりいただき、誠にありがとうございます。そして今、YouTubeをご覧のみなさま、改めまして我々が嵐です。よろしくお願いします。10月9日に公式YouTubeチャンネルが開設となりまして、街中にも広告がたくさんありました。はたしてオフィシャルとはなんなのか? と思った方々もたくさんいらっしゃると思いますけれども、今ご覧になっているあなた! 間違いなく、こちらYouTube公式でございます。「嵐には興味がないけど、ちょっと見ちゃおうかな」「ちょっと興味はあるけど、そんなに嵐は見たことがないな」というみなさま、今YouTubeには我々のコンサートの動画も上がっておりますので、ぜひ見ていただければと思います。ようこそ! 待ってました。我々が嵐です。20年前の本日11月3日、我々嵐としての生(せい)を授かりました。すなわち、CDデビューをした日です。本日の読売新聞の広告にもありましたように、代々木第一体育館の前で握手会をやったのが我々の始まりです。読売新聞のみなさま、1年間広告にお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。
あの時来てくれた方も今見ているかな? もしかしたら我々と同世代の30〜40代というのは忙しいときですから、嵐から離れたという方もいらっしゃるかもしれません。これを機にまた戻ってきていただけたらと思います。一緒に大きな夢を描いていけたらと思います。
1月の会見の冒頭でも申しあげました通り、温かみを感じられる線香花火のようなものからどでかい打ち上げ花火のようなものまで、日々我々も考えながら、感謝の思いを伝えられるように考えているところであります。その全貌を、……もしかしたら一端かもしれません。なぜならば我々はこれからもずっと、戦い続けながら日々をすごしていくので、もしかしたら一端になるかもしれませんが、今日はその全貌をお伝えしたいと、いや一端を……?

二宮 大丈夫です、大丈夫です(笑)。

櫻井 ちょっとフワフワしてる。なぜならYouTubeだからね。では大きな夢の一端をお伝えしたいと思っています。今日はどうぞよろしくお願いいたします。喋りすぎたので……。
(マイクを大野さんへ渡す)

大野 みなさん、本日は本当にありがとうございます。そして、嵐が今日で丸20年。(メンバーにむかって)みなさん、おめでとうございます! 

メンバー ありがとうございます(笑)。

大野 この20年間僕らは活動してきましたけど、やっぱりみなさんのおかげだと思いますし、みなさんが作った嵐だと今は思っております。デビューしてから今日までを経て、今この場に立てていることが、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本日はよろしくお願いいたします。

松本 松本です。昨日の12時から、ファンのみなさんが「嵐おめでとう」と、ネット上に書き込んでいるのを見て、20年経ったなあというのを感じています。そして今、この20周年の日に会見をやらせていただいて、今みなさんと繋がっている、この会見で自分たちの気持ちを伝えられる状況をとてもうれしく思っています。僕らにみんながおめでとうと言ってくれていましたけれども、僕からするとみなさん、おめでとうございます。支えてくださったみなさん込みで嵐だと思います。なのでみんなでこの20周年を今日1日お祝いできたらなと、そんなふうに思っています。本当にみなさんのおかげでここまでやってくることができました。本当に感謝しています。ありがとう。同時に21年目に入ったということでもあるので、21年目は自分なりにテーマを決めてやっていこうと思っています。そのテーマは「リボーン」。今まで20年間やってきた中で新たにチャレンジしたいこと、たくさん考えています。なのでここからまた、みんなと一緒に走っていきたいと思っています。なので、よろしくお願いします。

相葉 みなさん本日はどうもありがとうございます。相葉雅紀です。11月3日、今日で満20年を迎えることができました。そこでこう5人で立っていられるというのは、本当に幸せなことで、すごく嬉しく思っています。それもこれも、支えてくれたみなさんのおかげですし、メンバーみなさんのおかげだと思っています。本当にどうもありがとうございます。 20年経って、これから新しいことに挑戦できるのはすごく幸せなことですし、その新しいことが見てくれている、支えてくれているみなさんにもっともっと近くに感じてもらえるような、そんな1年にしたいと思っております。全力で頑張らせていただくので、みなさんどうかいろんなところで嵐を感じていただければと思っております。そして、本日はよろしくお願いいたします。

二宮 二宮和也です。よろしくお願いいたします。そしてファンのみなさま、20年おめでとうございます。もちろん僕らが代表としてたくさんの方々に「おめでとう」と言われることはあると思うんですけど、これはファンのみなさんと僕らで作り上げてきた20年だと思っています。僕らが代表して受け取りますが、思いはみなさんと一緒ですので、おめでとうございます。20年というのは人間の年齢で換算すると成人した、大人になったということだと思います。今回のこの場所というのは、いわば嵐の成人式だと思って新たな抱負とその向かって先に見える21年目の展望をみなさまと一緒に共有できたらと思っておりますので、 本日はどうぞよろしくお願いいたします。
次のページ>>嵐の今後の活動報告について
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ