ライフスタイル
恋に効くエンタメニュース
03.Nov.2019

嵐「結成20周年」記念すべき日にファンへの嬉しい報せ!記者会見全文レポート

ジャニーズ事務所の中では先陣を切って本格的にSNSデビュー! SNSでのオフショット公開は??

ーーファンの方々が楽しみにしているのはやはり、SNSでのオフショット公開だと思うんですけれども、みなさんどんなシチュエーションでアップしたいのか、つぶやきたいのかを教えてください。

松本 逆にどんなのがいいんですかね? 

ーーパーソナルな部分は見たいと思うので、趣味だとかを見たいと思うのですが?

櫻井 今まで5人で、いくあてもなく撮っている写真とかがけっこうあるんですけど。例えば、海外に行ったときのとか。そういうのがけっこうたくさんあるので、そいったものから。先ほど松本が申し上げた通り、個人的なものとかになってくるのかな?

相葉 どこまでいいの?

二宮 いいんじゃないの?

相葉 なんでもいいの?

櫻井 それ今話す?(笑)

二宮 相葉くんが昔ね、親知らず抜いたときの写真ね。

相葉 記念に送ったやつとかあるなと思って(笑)。

二宮 上げていいんだよ。

相葉 すごいな〜。すごく楽しみ。

一同 (笑)

二宮 僕は逆に4人が何を上げたのか、そこで知ることもあると思うので、フォロワーとして楽しめるんじゃないかなと思いますね。

ーーメンバーのみなさんの間ではこういうのを見てみたいというのはそれぞれありますか?

櫻井 やっぱり大野の相模湾でのマグロかな。

大野 プライベートなのでどこまでいけるかわからないですけど。魚見て嬉しいですかね?

相葉 リーダーもちゃんと映るんだよ? 魚だけはたぶんキツいよ(笑)。

ーーSNSの期限というのはあるのでしょうか?

松本 今は決まってないです。


ーー芸能人のSNSは炎上や問題がおこったりしていますが、SNSやることでの不安があれば教えてください。

櫻井 あくまでも、ファンのみなさんに近くに感じてもらいたい、ファンのみなさんに今までお見せできなかった部分を見ていただきたいということでしかないので、誤爆というのはあまり想定していないというか。ないとは断言できませんが、ちょっとやってみないとわからないので……。喜んでもらえるもの、嬉しいと思えるもの、近くに感じてもらえるものを投稿していくというコンセプトです。

――ジャニーズ事務所の中では先陣を切って本格的にSNSデビューすることになりましたが、事務所内の他グループへの波及、期待している点などあれば教えてください。

櫻井 先ほど申し上げた通りではあるのですが、波及はないとは言い切れないと思いますが各グループの思いもあるでしょうし。我々がやったからといって他のグループがやるべきだとも思いませんし。我々は20周年のタイミングでお伝えした通りですけども、後輩たちに何か残せるものがあるなら、思いも同時にあってのことなので。波及はしていくと思います。ですがそれぞれの思いと判断だと思うので。少しドアをひらいておくということかと。

ーー逆に嵐は自分たちでやりたいということで今回判断をしてやることにしたという理解でよろしいすか?

松本 そうです。
ーー国立競技場へむけての意気込みを教えてください。 

櫻井 我々も6年間、国立競技場でやらせていただきましたので、やはり特別な思いはあります。ただ我々がやりたいと思っていても、当然形にはならず。組織委員会のみなさまからも大会前にオペレーション等々を含め、一緒にやれないかというお話をいただきましたので、組織委員会のみなさまと我々の思いが同じ方向を向いていたので。夢の舞台に来年立つことができるということで、とても光栄ですし、あそこでの景色は特別なので、ファンのみなさんにもあの景色を見ていただきたいということですかね。

大野 いろんな演出をやらせてもらいましたし、新しい国立競技場でどういうことをやっていくのかを含め、これからになると思うんですけど。以前フライングでお客さんの上を回ったんですけど。そういうこともできたらいいですね。

二宮 それはひとつの案としてね。

松本 高いとこ苦手な人もいるからね(笑)。
とても嬉しいです。こんな機会があると思っていなかったので、機会をいただけたことすごく嬉しくて幸せだなと思います。僕が一番印象的なのは、旧国立競技場だと聖火台のほうから、新宿方向の新都心が見える景色がすごく印象的で。東京のど真ん中にある場所ということを感じていただけたらいいかなと思います。こんなことを6年も連続で経験できたということは、嵐20年の中でもとても思い出深い場所なのでその地にもう一度帰ってこれるというのは、新しく生まれ変わった国立競技場でライブをやるのはちょっとずつ実感してきたんですけど、楽しい思い出深いものになったらいいなと思いますし、オリンピック前なので、2020年らしさを出していけたらいいのかなと思います。

相葉 「ARASHI Anniversary Tour 5×20」ツアーが終わって、またライブができるというのもものすごい嬉しかったです。そしてその場所が、僕らの思い出がたくさんある国立競技場でできるというのは本当に幸せなことだなと、今からワクワクしています。国立競技場のの前を通るたびに、見上げてワクワクしている感じです。

二宮 純粋に、新しく生まれ変わった国立競技場という場所が僕らコンサートをやっていた経験上、誰が最初にやるのかなというのは第三者的になんとなく気になってはいました。自分たちが、と聞いて驚きましたし非常に光栄なことだなと思っています。僕らが前回やらせてもらった経験がありますし、本当に我々らしくできたらいいなと思います。今のところ気になっているのは、その3日間雨が降らないように、ということだけ気になっています。

ーー活動休止を発表され残り1年2ヶ月くらいですが、期限が迫っているという心境はいかがでしょうか?

松本 それに関しては、休止をするタイミングまでなるべく走り続けることを目標に今はいろんなことを考えているので、それを自分たちも楽しみたいし、ファンの人たちと一緒に楽しめたらと。1分1秒長くやっていきたいと思いますし。2020年12月がどんな空気になっているのか、自分がどう思っているのかは、正直想像がついていません。なので、そこまでどれだけ楽しい思い出をファンの人たちと作っていけるか、というところに今は目指しています。

と、松本さんの力強い言葉で会見は締めくくられました。


ファンとの時間を大切に、という嵐のみなさんの気持ちが強く伝わってくる会見となりました。今後の活動から、一瞬も目が離せません。

withでも嵐のみなさんの素敵な姿をお届けしてまいります!



撮影/塩谷哲平(t.cube) 取材・文/荒井風野
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ