ライフスタイル
恋に効くエンタメニュース
16.Jan.2020

Hey! Say! JUMP 薮宏太『ジョセフ』製作発表ほぼ全発言レポート

今回の楽曲を聞いた印象について

pattern_1
今回の楽曲を聞いた印象や感想を聞かれると、
「ロック、ポップス、カントリーと本当に様々なジャンルの楽曲があるなと思いまして。全編歌ということで読むセリフが一つもないので、いかにさまざまななジャンルの音楽の中で説得力のある歌を歌わなければいけないかというのが、すごく挑戦にもなります。耳なじみがいい曲がすごく多いので、すっと聞いているお客様の心に届くような楽曲が多いんじゃないかなと思います。あとは僕自身が歌の意味をちゃんと理解したうえで、お客様にこの楽曲の素晴らしさ、ストーリーの意味をちゃんと込められるように精進してまいりたいと思っております」
と薮さん。

過去には『SHE LOVES ME』や『ハル』といったミュージカル作品で、キャリアを積んできた薮さん。グループでの歌唱はもちろん、数々のステージで磨きをかけてきたしなやかな歌声に期待が高まります。
また、「演出のダレン・ヤップさんからどんな言葉をかけられた?」との質問には、
「“とにかくこの作品は観にいって帰るときに、お客様がハッピーに、気持ちが温かくなる、そして家族や友達を思いやる気持ちが芽生えて欲しい”ということをおっしゃっていたので、ジョセフの優しい人柄とか誠意のある人柄っていうのを、宏太なりに演じて欲しいとおっしゃっていただきました。もちろんロンドンでもブロードウェイでも上演されていますし、素晴らしい歴史のある作品なんですけど、“気負わず、宏太なりのジョセフをオリジナルとして頑張って欲しい”ということをおっしゃっていただいたので。すごく気持ちが楽になったお言葉でもあったので、感謝しています」
と語っていました。
次のページ>>ロンドン旅での薮さんの過ごし方とは?  
56 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ