ライフスタイル
恋に効くエンタメニュース
27.Aug.2018

【AAA 日高光啓】音楽を作るのに適した〝物置以上部屋未満の小部屋〞

with9月号の表紙を飾ってくれたAAA。今回はメンバーである日高光啓さんにインタビューをしました。さまざまな音楽を作りつづける日高さん。それが生まれる部屋とはどんなものなんでしょうか?

昔々、わざと日当たりの悪い部屋に住んだら、部屋中に キノコが生えちゃって(笑)

pattern_1
「家事はね、全部苦手です。自分でやるのは時間が勿体ないから、全部家事代行(笑)。だって曲作らないと、ヤバい! 周りに迷惑かけちゃう。昔は掃除とか洗濯を自分でやるのが、大切で立派なことだと思ってたんですけど、最近考えを改めました。自分しかできないこと、自分がするべきことに集中して時間を割くことが、人として正しい気がしています」。さすがはラッパーというべきか。日高さんの発言には、なんだかいちいち含蓄がある。「今住んでいる部屋は、音楽を作るのに適した〝物置以上部屋未満の小部屋〞が気に入って決めました。その無音の小部屋が絶対的に制作に適してるんです」。かと思うと、ときどき盛大な嘘もつく。「昔々、仕事で朝家に帰ることが多かったので、わざと日当たりの悪い部屋に住んだことがあったんです。そしたら部屋中にキノコが生えちゃって。まぁ嘘ですけど(笑)」。キノコネタはさておき、日当たりの悪い部屋はジメジメして気持ちがよくなかったそうで、以来、〝日当りのいい部屋に遮光カーテン〞ライフを徹底することにした。
pattern_1
一週間ランチで同じメニューを食べ続けるなら、「身体のことを考えて、チョップドサラダをハニーマスタードソースで」。食事に関しては、バランスのいい栄養摂取を心がけている。そんな日高
さんの最近感じた〝小さな幸せ〞は、「近所の子供に懐かれたこと」らしい。「マンションの下で、いつの間にか隣に座ってて、自然と仲良くなりました。子供が見知らぬ大人と一緒にいるだけで快く思われなさそうなこの時代に(笑)」。そして、日高さんが考える〝生活力が高い人〞の定義がこれまた深い。「対応力が高い人かな。たとえば1日にお金力が高い人かな。たとえば1日にお金を一切使わずに過ごすこともできれば無理なく500万円を使うこともできる。その、対応できる幅が大きくて、どんな状況でも自分の生活レベルを最善に保てる人。俺ですか? そういう生活
力なら鬼ほど高いと思います(笑)」
PROFILE 日高光啓
1986年12月12日生まれ。千葉県出身。2011年よりSKY-HI名義で2013年8月にメジャーデビューを果たす。最新シングル「Snatchaway /Diver’sHigh」が発売中。12月11日、12日、豊洲PITでソロライヴも。

撮影/森栄喜、スタイリスト/SUGI(I與さん、日高さん)ヘア&メイク/椎津恵 取材・文/菊地陽子、伊藤由美子、吉井のり子、常松亜子 デザイン/attik
スタイリスト私物
9 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ