ライフスタイル
恋に効くエンタメニュース
27.Aug.2018

【與真司郎】彼の考える生活力の高い人って?【AAA】

with9月号の表紙を飾ってくれたAAA。今回はメンバーである與真司郎さんにインタビューをしました。アパレルブランドのプロデューサーとしても活躍している與さん。彼の考える”生活力が高い人”とはどんな人物なのでしょう?

気に入ったメニューは、飽きるまで食べ続ける タイプです(笑)

pattern_1
洗濯機は毎日回す。掃除機も毎日、お風呂からあがるとコロコロで床に落ちた髪の毛等も即掃除するほどのキレイ好き。「洗ったものは何でもすぐ乾燥機にかけます。シワとかは気にしないほうで、アイロンも持ってるけど、かけたことがない(笑)。母親が家にくるので、調理道具は一応ありますけど、自分で料理はしません。あ、でも宇野ちゃんに教えてもらった、玄米のもう1コ上のヤツ……発芽玄米! あれを作る機械を買ったら、2週間ぐらいで飽きてもうて(笑)。美味しかったんですよ!でも、片付けにいちいち時間がかかるので、その時間が勿体ないなと思って止めました」。果たして大らかなのか神経質なのか。まだらなこだわりが、男の子っぽくもある。「寝るときだけは真っ暗じゃなきゃダメ。だから遮光カーテンを全部閉めて、加湿器とか冷房の表示ランプも全部消す」
pattern_1
”1週間、同じメニューのランチを食べ続けるなら?〞という問いには、「サラダとチキンのセットかな。プロテインさえ摂れればビーフでもいい。そもそも僕、一つのメニューが気に入ると、他の店には一切行かず、飽きるまで食べ続けるタイプなんです(笑)。基本、健康的な生活をしているので、全然冒険しない」
 〝生活力のある人を定義すると?〞というお題には、「生活力かぁ。……仕事とプライベートの切り替えが上手い人かな。僕は切り替え得意です! だから生活力はあると言える(笑)! 1ヵ月休みなく働けって言われたら働けるし、休むときは、仕事のことはキッパリ忘れます!」。與さんのこの無邪気さが、グループのいいアクセントになっていることがわかる。でも、快楽主義者というわけではなく、疲れているときは、朝からジムに行って身体を起こすストイックさも。
PROFILE 與 真司郎
1988年11月26日生まれ。京都府出身。現在アメリカ・ロサンゼルスに在住。アパレルブランドを設立し、ブランドプロデューサーとしても活躍。2018年、30歳になる節目の年に、初のソロアルバムの発売&ソロライブを敢行。

撮影/森栄喜 スタイリスト/SUGI ヘア&メイク佐藤真希 取材・文/菊地陽子、伊藤由美子、吉井のり子、常松亜子 デザイン/attik
シャツの中に着たロングスリーブTシャツ¥14000/WHITELAND(LHP原宿店) その他 スタイリスト私物
9 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ