ライフスタイル
エンタメニュース

今、なぜ韓国ドラマ?『愛の不時着』『梨泰院クラス』『イカゲーム』…ステイホームがもたらした“第4次韓流ブーム”を大考察

韓国ドラマ最前線 4.0 【Vol.3】

コロナ禍で生まれた、新しい韓国ドラマスタイル

今、世界中で大ブームを巻き起こしている韓国ドラマ。動画配信サービスのランキングには常に上位にランクイン! 中でも『イカゲーム』は作品のヒットにより米Netflixの売上高が大幅に増加するなど、経済効果も計りしれない。国を越え社会現象となった韓国ドラマの魅力とは何なのか? 韓国エンターテインメント・ナビゲーターの田代さんにお話を伺いました。

韓国エンターテインメント・ナビゲーターに聞く【今、なぜ韓国ドラマ?】

今、日本は第4次韓流ブームと考えられます。日本初の韓流ブームは、2004年前後の『冬のソナタ』のヨン様( ペ・ヨンジュン)がきっかけでした。

そして、第2次ブームは2010年頃から、東方神起、少女時代、KARA 、BIGBANGなどの韓国アイドルが台頭し、次々と日本のメディアに進出してきました。いわゆるK-POPブームが始まります。ドラマでは、『美男<イケメン>ですね』のチャン・グンソクが人気を博していましたね。

そして、BTSが世界を席巻し韓国アイドルのクオリティを見せつけた第3次ブームを経て、現在、Netflixなどの動画配信サービスを中心に、ステイホームがもたらした第4次韓流ブームに突入しました。
【第1次韓流ブーム】
2004年~  
『冬のソナタ』のヨン様(ペ・ヨンジュン)

【第2次韓流ブーム】
2010年~ 
東方神起、少女時代、KARA、BIGBANGなどのK-POPK-POP/『美男<イケメン>ですね』のチャン・グンソク

【第3次韓流ブーム】
2017~ 
BTSが米ビルボード・ミュージック・アワードで 「トップ・ソーシャル・アーティスト」賞を受賞。

【第4次韓流ブーム】
2020~ 
コロナ禍で視聴スタイルが変化。Netflixなどの動画配信サービスから生まれた韓国ドラマ人気が加速。
次のページ>>韓国ドラマが人気になる、大きな2つの理由
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ