ライフスタイル
恋に効くエンタメニュース

20代の私たちが今「読むべき本」と「見るべきネトフリ」を編集部員が全力推薦!

企画の参考に、日々の癒やしに。編集部の本棚公開!

毎日のコンテンツ大賞

日々企画を考えたり脳内をリフレッシュしたりする上で欠かせないのが良質な書籍。そこでwithの編集部員が今年読んだ本の中から、「やっぱりこれがよかった!」作品をご紹介します。あの企画の参考になったものもあるかも……。

「ウーマン・イン・バトル」

pattern_1
マルタ・ブレーン/¥1760(合同出版)
「女性たちによる女性たちのための150年の闘いの歴史を描いた作品。絵本のように読みやすくオススメです!」(編集MS)

「正欲」

pattern_1
朝井リョウ/¥1870(新潮社)
「コロナ禍きっかけの心のモヤモヤがすっきりした一冊。『普通』とされている価値観への違和感を言語化できました」(編集J)

「オードリー・タンの思考」

pattern_1
近藤弥生子/¥1980(ブックマン社)
「オードリー・タン氏の育った環境、今に至るまでの取り組みがわかる一冊。アクションを起こす大切さに気づけます」(編集ST)

「女の園の星」

pattern_1
和山やま/¥748(祥伝社)
「共学校にしか通ったことがない自分には、勝手気ままな女の園がある意味眩しい一冊。数学教師の小林先生が推しです」(編集S)

「きれいなシワの作り方」

pattern_1
村田沙耶香/¥759(文春文庫)
「with読者世代の私にとって『わかる!』が多いエッセイ本。自分の日常にも自信が持てるようなスラスラ読める一冊です」(編集MG)

「丁寧はかんたん」、「ウー・ウェンの100gで 作る北京小麦粉料理」

pattern_1
ウー・ウェン/¥1650(講談社)
pattern_1
ウー・ウェン/¥1980(高橋書店)
「コロナ禍でおうち時間が増え、自宅で粉料理を作る際に参考にした書籍。2冊併せて読むとより料理欲がUPします!」(編集K)
次のページ>>見漁った結果、やっぱりこれ! 「Netflix大賞」  
54 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ